トウゴマ(唐胡麻)

1年草
アフリカ北東部原産。中国から平安時代初期に、アメリカから江戸時代末期に導入された。西日本を中心に逸出し、野生化している。全体無毛で通常暗紫色を帯びる。茎は円柱形で直立し、まばらに分岐して高さ2mに達する。葉は大型で掌状に5〜11に裂け、縁に鋸歯があり、長い柄で互生する。茎の頂と葉腋に長さ20cmほどの花序を付け、雌花を上部に、雄花を下部につける。さく果には通常刺があり、中に長さ13mmほどで光沢のある3種子を含む。花期は秋。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Ricinus communis
トウダイグサ科トウゴマ属


2009年9月26日 西忌部雄花雌花の花柱は3裂し、さらに2裂する。
トウゴマ花 トウゴマ花 トウゴマ花
若い果実
トウゴマ花 トウゴマ果実 トウゴマ葉
トウゴマ葉 トウゴマ茎 トウゴマ



2004年8月21日 西忌部 栽培果実
トウゴマ花 トウゴマ花 トウゴマ果実
葉は掌状に裂ける。
トウゴマ果実 トウゴマ葉 トウゴマ葉
トウゴマ
2013年11月30日 果実 植裁 八雲若い果実、長い刺が密生する。熟した果実は3裂する。
トウゴマ果実 トウゴマ果実 トウゴマ果実
種子は裂片に1個ずつ入る。種子は長さ約1.4cm、斑点がある。
トウゴマ果実 トウゴマ種子 トウゴマ花
葉は掌状に裂け、葉柄が楯状につく。
トウゴマ果序 トウゴマ葉 トウゴマ茎
トウゴマ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑