トウゴクシダ(東谷羊歯)

常緑シダ植物
本州〜九州の平地〜山地に生える。根茎は斜上し塊状。葉柄の基部に線状披針形、黒褐色の鱗片がつく。葉身は広卵形の2回羽状複葉。先端は急に狭まり短い尾状になる。最下羽片の後側第1小羽片は後側第小2羽片より短いか同長でほとんど無柄で中裂〜深裂。羽軸裏に基部が袋状の鱗片が密つく。羽片は中軸に対し直交近い角度でつく。ソーラスは小羽片の中肋と辺縁の中間につく。
学名は、Dryopteris nipponensis
オシダ科オシダ属


2009年2月15日 玉湯小羽片は中深裂する。
トウゴクシダ トウゴクシダ トウゴクシダ


袋状鱗片が多い。
トウゴクシダ トウゴクシダ トウゴクシダ
トウゴクシダ トウゴクシダ



2008年12月13日 玉湯最下部羽片の下側第1小羽片は第2小羽片より短い。
トウゴクシダ トウゴクシダ トウゴクシダ
トウゴクシダ トウゴクシダ トウゴクシダ
トウゴクシダ
2008年11月15日 楽山公園
トウゴクシダ トウゴクシダ トウゴクシダ
羽軸の裏に袋状の鱗片が多い。
葉柄基部に黒褐色の鱗片がある。
トウゴクシダ トウゴクシダ トウゴクシダ
トウゴクシダ
2008年5月6日 鹿島 羽軸裏に鱗片が確認できないので違うのかもしれない。
トウゴクシダ トウゴクシダ トウゴクシダ
トウゴクシダ トウゴクシダ トウゴクシダ
トウゴクシダ トウゴクシダ
2008年4月20日 八雲天宮山
トウゴクシダ トウゴクシダ トウゴクシダ
トウゴクシダ トウゴクシダ トウゴクシダ
トウゴクシダ トウゴクシダ トウゴクシダ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑