トウゲシバ(峠芝)

常緑シダ植物
各地の林床に群生し、スギの幼苗に似る。茎は地表で短く斜上して、直立する。葉は倒披針形〜長楕円状披針形、下部は短い葉柄となり、縁に不整な鋭鋸歯がある。胞子嚢群は上部の葉腋に1個ずつつき、黄色に熟して横に裂けて胞子を出す。茎の上部に無性芽ができ、これが落ちて新植物となる。胞子期は7〜9月。
葉の幅によってホソバトウゲシバ(2mm以内)、ヒロハノトウゲシバ(2〜3mm)、オニトウゲシバ(3〜5mm)の3型が分けられることもあるが、連続的であるとして最近ではまとめられることが多い。
学名は、Lycopodium serratum
ヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属


葉の幅が2mm以内なのでホソバトウゲシバのタイプ
2011年3月12日 無性芽 八雲無性芽
トウゲシバ トウゲシバ トウゲシバ
無性芽の裏面葉の幅は2mm以内。
トウゲシバ トウゲシバ トウゲシバ
胞子嚢群が開いて胞子が飛び出す。
トウゲシバ トウゲシバ トウゲシバ
トウゲシバ



2011年4月9日 無性芽 玉湯葉幅が2mm以内。開いたソーラス。
トウゲシバ トウゲシバ トウゲシバ
葉腋にソーラスがつく。
トウゲシバ トウゲシバ

葉の幅が2〜3mmなのでヒロハノトウゲシバのタイプか
2011年4月9日 玉湯
トウゲシバ トウゲシバ トウゲシバ
トウゲシバ トウゲシバ トウゲシバ
トウゲシバ

2008年11月1日 東忌部
トウゲシバ トウゲシバ トウゲシバ
2004年11月13日 佐草
トウゲシバ トウゲシバ トウゲシバ
2003年12月23日 佐草
トウゲシバ トウゲシバ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑