トチノキ(栃の木)

落葉高木
北海道札幌市以南〜九州の山地渓流沿いの肥沃地に生える。高さ20〜30m、直径2mになる。樹皮は黒褐色。大きな波形の模様がある。はじめはなめらかだが、大木では樹皮が大きく割れてはがれ落ちる。枝は灰褐色。はじめ赤褐色の長い軟毛があるが、すぐに落ちる。葉は対生。掌状複葉で、葉柄は長さ5〜25cm。小葉は5〜9個。中央の小葉が最も大きく、長さ13〜30cm、幅4.5〜12cm、先は急に鋭く尖り、基部はしだいに細くなる。側脈は20〜30対あり、ほぼ平行。裏面は脈上に毛があり、脈腋に毛叢がある。少葉柄はない。雌雄同株。一つの花序に雄花と両性花がまじる。枝先に長さ15〜25cmの円錐花序を直立し、直径1.5cmの花を多数つける。ほとんど雄花で両性花は花序の下部につく。花弁は4個、白色で基部には淡紅色の大きな斑紋がある。雄しべは7個、花から長くつきだし、先は上向きに曲がる。萼片は5個。雌しべは1個、雄花では退化している。果実はさく果。直径3〜5cmの倒卵状球形で表面にはいぼ状の突起が多い。9月に熟すと3裂し、1〜2個の大形の種子をだす。種子は褐色で下半部は大きなへそになる。結実には豊凶があり、隔年ごとの傾向がある。花期は5〜6月。
冬芽の頂芽は大きく、長さ1〜4cm。側芽は小さく、ほとんど発達しない。芽鱗は樹脂でべとべとしている。芽鱗痕は環状。葉痕は倒卵形で大きい。維管束痕は5〜9個。(樹に咲く花)
学名は、Aesculus turbinata
ムクロジ科トチノキ属


2013年6月12日 若い果実 西忌部
トチノキ果実 トチノキ トチノキ
2009年3月20日 西忌部
トチノキ トチノキ トチノキ
トチノキ トチノキ トチノキ
トチノキ トチノキ トチノキ



2008年6月15日 東忌部
トチノキ トチノキ
2004年5月5日 幼木 京羅木山
トチノキ トチノキ
2006年6月11日 忌部高原
トチノキ トチノキ
2004年6月27日 植栽 荒神谷遺跡公園
トチノキ トチノキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑