トリガタハンショウヅル(鳥形半鐘蔓)

つる性低木
本州、四国に生える。ハンショウヅルに似るが、あまり大きくならない。花は淡黄白色で萼片の質は薄く、先はまるい。外面に白毛がある。花柄は葉より短い。変異が多い。雄しべに毛がある。花期は4〜5月。(山に咲く花)
学名は、Clematis tosaensis
キンポウゲ科センニンソウ属
 同じ仲間のハンショウヅルは花期が少し遅く、花が暗紅紫色で、葉腋から長い花柄をだす。また同時期のシロバナハンショウヅルは花冠が椀形で、花色がより白い。


2016年4月2日 玉湯花弁状の萼片や花柄に毛が多い。
トリガタハンショウヅル花 トリガタハンショウヅル花 トリガタハンショウヅル花
萼片は長さ約3cm。
トリガタハンショウヅル花 トリガタハンショウヅル花 トリガタハンショウヅル花
葉は3出複葉。小葉は長さ約6cm。
トリガタハンショウヅル葉 トリガタハンショウヅル葉 トリガタハンショウヅル葉
小葉の裏面に毛が多い。花柄は葉柄より短い。
トリガタハンショウヅル葉 トリガタハンショウヅル花 トリガタハンショウヅル



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑