トラノオシダ(虎の尾羊歯)

常緑シダ植物
北海道〜九州の平地〜山地までやや乾燥した路傍、林縁に生える。根茎は短く斜上。葉は長さ10〜30cm。葉柄の裏面は紫褐色になることが多い。葉柄は表面に浅い溝がある。葉はやや2形で、胞子嚢群をつける葉は長く、立ちあがり、胞子嚢群をつけない葉は短く、地表近くに生じる。葉身は披針形の単羽状〜2回羽状複葉。下部の羽片は短く耳状になる。ソーラスは長楕円形で中肋寄りに斜めにつく。
学名は、 Asplenium incisum
チャセンシダ科チャセンシダ属


2013年1月12日 玉湯
トラノオシダ トラノオシダ トラノオシダ
ソーラスは斜めにつく。包膜がめくれて胞子嚢がでている。胞子嚢は直径約0.17mm。
トラノオシダ トラノオシダ トラノオシダ
胞子は長さ約0.05mm。中軸に溝がある。
トラノオシダ トラノオシダ トラノオシダ



2009年3月20日 西忌部
トラノオシダ トラノオシダ トラノオシダ
トラノオシダ トラノオシダ
2009年2月15日 玉湯
トラノオシダ トラノオシダ トラノオシダ
トラノオシダ
2008年12月20日 荘成葉柄には浅い溝がある。
トラノオシダ トラノオシダ トラノオシダ
トラノオシダ トラノオシダ
2008年8月24日 玉湯ソーラスは長楕円形。
トラノオシダ トラノオシダ トラノオシダ
葉柄の裏面は紫色になる。
トラノオシダ トラノオシダ トラノオシダ
2008年8月17日 星上山ソーラスは長楕円形だが弾けている。
トラノオシダ トラノオシダ トラノオシダ
葉柄の裏面は紫色になる。
トラノオシダ トラノオシダ
2008年6月8日 枕木山
トラノオシダ トラノオシダ トラノオシダ
トラノオシダ トラノオシダ トラノオシダ
トラノオシダ トラノオシダ
2008年4月26日 上乃木
トラノオシダ トラノオシダ トラノオシダ
浅い溝がある。ソーラスは長楕円形で中肋寄りに斜につく。下部の葉は小さく耳状になる。
トラノオシダ トラノオシダ トラノオシダ
葉柄裏面は紫褐色になることが多い。
トラノオシダ トラノオシダ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑