トキワマガリバナ(常磐曲がり花)

常緑亜低木
地中海沿岸〜西南アジア原産。草丈は20〜30cm。 よく分枝し、這って横に広がる。葉はへら形ないし線形で、互生する。 葉の縁には粗い鋸歯がある。茎先に散房花序を出し、白い小さな花が半球状に集まってつく。 花弁は4枚で、十字状に開き、4枚のうち外側の2枚が大きく、内側の2枚が小さい。果実は軍配形の短角果。花期は4〜6月。
学名は、Iberis sempervirens
アブラナ科マガリバナ属


2015年5月7日 植栽 玉湯花弁の内側2個は小さい。若い果実、軍配形の短角果。
トキワマガリバナ花 トキワマガリバナ花 トキワマガリバナ
葉は線形〜へら形。花は花序の先端に球状に集まる。
トキワマガリバナ葉 トキワマガリバナ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑