トキワイカリソウ(常盤碇草)

多年草
本州(東北地方〜山陰地方の日本海側)の多雪地の山野の林内に生える。高さ30〜60cmになる。葉は2回3出複葉。小葉はかたく、ゆがんだ卵形で先が尾状にのび、基部は深い心形、長さ5〜10cm、ふちに刺毛がある。花は直径3〜4cm、白色〜紅紫色。花弁は4個、距がある。萼は花弁状で8個。内側の4個が大きく、外側4個は早落性。花期は4〜5月。(山に咲く花)
学名は、Epimedium sempervirens
メギ科イカリソウ属
 広義のトキワイカリソウは花の色が紅紫色〜白色まであるが、狭義のトキワイカリソウ(Epimedium sempervirens var. sempervirens)を白色として紅紫色をオオイカリソウ(Epimedium sempervirens var. rugosum)とする考えもある。ただYlistではオオイカリソウがウラジロイカリソウの別名とされているなど、詳細が不明。
 上記以外に島根半島部の白花は葉が2出して3出するもので、トキワイカリソウと同定できないとされる。
 太平洋側には似た花で、葉が常緑でなく、基部が浅い心形となるイカリソウ(E. grandiflorum var. thunbergianum)がある。色は白〜紅紫。


2012年4月24日 八雲葉は2回3出複葉
トキワイカリソウ花 トキワイカリソウ トキワイカリソウ
2007年4月21日 八雲葉は2回3出複葉2005年4月16日 八雲
トキワイカリソウ花 トキワイカリソウ トキワイカリソウ花



2007年4月21日 八雲葉は2回3出複葉
トキワイカリソウ花 トキワイカリソウ
2005年4月16日 八雲
トキワイカリソウ花 トキワイカリソウ花 トキワイカリソウ花
トキワイカリソウ花 トキワイカリソウ花
2008年4月20日 八雲
トキワイカリソウ花 トキワイカリソウ花 トキワイカリソウ花
2011年4月13日 蕾 八雲
トキワイカリソウ蕾 トキワイカリソウ蕾 トキワイカリソウ
2005年4月2日 蕾 八雲
トキワイカリソウ蕾
2012年5月16日 果実 大海崎若い果実は花柱を含めて長さ約2cm。
トキワイカリソウ果実 トキワイカリソウ果実 トキワイカリソウ果実
果実の横断面果実の縦断面。種子が切断された。種子は長さ約3.5mm。
トキワイカリソウ種子 トキワイカリソウ種子 トキワイカリソウ種子
トキワイカリソウ
2013年5月6日 若い果実 八雲果実は長さ約1.5cm。
トキワイカリソウ果実 トキワイカリソウ果実 トキワイカリソウ果実
種子が斜めに詰まっている。種子にエライオソームがつく。若い種子は長さ約3.3mm。
トキワイカリソウ種子 トキワイカリソウ種子 トキワイカリソウ種子
トキワイカリソウ
2007年4月28日 果実 鹿島恵曇
トキワイカリソウ果実 トキワイカリソウ果実 トキワイカリソウ果実
2010年5月8日 葉の形が変わっている。 八雲
トキワイカリソウ トキワイカリソウ

島根半島部の白花については、葉が2出して3出するものがあり、トキワイカリソウとは同定ができないとのこと。
2004年4月4日 和久羅山
トキワイカリソウ花 トキワイカリソウ花 トキワイカリソウ花
トキワイカリソウ
2004年4月18日 鹿島 
トキワイカリソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑