トキンソウ(吐金草)

1年草。
日本全土の庭や道ばた、畑などにごくふつうに見られる。茎は細くて枝分かれし、地をはって長さ5〜20cmになり、ところどころに根を出す。葉は互生し、長さ1〜2cm、幅3〜6mmのくさび形で、先端に3〜5個の鋸歯がある。葉腋に小さな球形の頭花をつける。頭花は直径3〜4mmで、筒状花だけからなる。中心部に両性花が10個ぐらいつき、まわりに雌花が多数つく。両性花の花冠は褐紫色を帯び、先は4裂する。雌花の花冠はごく小さいく、緑色の子房の方が目立つ。両性花も雌花も結実する。花期は7〜10月。(野に咲く花)
学名は、Centipeda minima
キク科トキンソウ属


2014年10月1日 西川津頭花は直径約3mm。
トキンソウ花 トキンソウ花 トキンソウ花
中央に両性花が数個、周りに雌花が多数ある。集合果は直径約4mm。
トキンソウ花 トキンソウ果実 トキンソウ果実
雌花の果実、長さ約1mm。両性花の果実。
トキンソウ果実 トキンソウ果実 トキンソウ葉
葉は長さ約1.3cm、裏面に毛がある。
トキンソウ葉 トキンソウ トキンソウ



2014年7月16日 玉湯中心に両性花、周囲に雌花がある。両性花(上)長さ約1mmと雌花(下)。
トキンソウ花 トキンソウ花 トキンソウ
果実は長さ約1mm、上向きの毛がある。葉は長さ約6mm。葉の裏面。
トキンソウ トキンソウ トキンソウ
トキンソウ
2011年7月28日 八雲中心部に8個の両性花、周囲に多数の雌花。9個の暗赤色の両性花の蕾が目立つ。
トキンソウ トキンソウ トキンソウ
こぼれる果実。
トキンソウ トキンソウ トキンソウ
トキンソウ
2011年11月4日 果実 西川津
トキンソウ トキンソウ トキンソウ
果実の稜には上向きの毛がある。
トキンソウ トキンソウ トキンソウ
トキンソウ
2004年8月12日 上東川津
トキンソウ トキンソウ トキンソウ
トキンソウ
2004年8月14日 上乃木
トキンソウ トキンソウ
2005年10月23日 乃白
トキンソウ トキンソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑