トゲチシャ(刺萵苣)

1〜越年草
ヨーロッパ原産。 高さ1〜2mになる。1949年に北海道ではじめて確認され、現在では局地的に人里近くの荒れ地に広がっている。茎や葉の裏面の主脈にはしばしば刺が1列に並ぶ。葉は互生し、羽状に裂けるものと裂けないものがある。頭花は直径約1.2cmで黄白色。総苞片は3列に並ぶ。そう果は長さ約3mmで、長いくちばしがある。花期は7〜9月。(野に咲く花)
学名は、Lactuca serriola
キク科アキノノゲシ属


2015年8月1日 鹿島
トゲチシャ花 トゲチシャ花 トゲチシャ花
花は直径約1cm。花後の総苞と蕾(中央)
トゲチシャ花 トゲチシャ花 トゲチシャ
冠毛。
トゲチシャ冠毛 トゲチシャ トゲチシャ
葉の裏面主脈上に刺が並ぶ。葉は90度ねじれて横を向く。
トゲチシャ葉 トゲチシャ葉 トゲチシャ葉
葉は長さ約15cm。葉の裏面。裏面葉脈の刺。
トゲチシャ葉 トゲチシャ葉裏面 トゲチシャ葉裏面
トゲチシャ トゲチシャ トゲチシャ



2014年8月18日 鹿島午前10時 開ききっていないのか閉じたのか、半開の花。
トゲチシャ花 トゲチシャ花 トゲチシャ花
花は長さ約1.2cm。花は舌状花のみ。花弁は長さ約7mm。
トゲチシャ花 トゲチシャ花 トゲチシャ花
果実と冠毛。
トゲチシャ果実冠毛 トゲチシャ果実冠毛 トゲチシャ果実冠毛
トゲチシャ トゲチシャ
2014年8月12日 果実と冠毛 鹿島果実と冠毛の間に長い嘴がある。
トゲチシャ果実冠毛 トゲチシャ果実冠毛 トゲチシャ果実冠毛
冠毛は長さ約4mm。冠毛に節がある。嘴は長さ約5mm。
トゲチシャ果実冠毛 トゲチシャ冠毛 トゲチシャ果実
果実は長さ約2.5mm。果実の上部に長い毛がある。中部以下には刺状の短い毛がある。
トゲチシャ果実 トゲチシャ果実 トゲチシャ果実
花後の総苞は先が尖る。蕾の総苞は先が丸い。葉は横を向く。
トゲチシャ総苞 トゲチシャ蕾 トゲチシャ葉
葉裏の脈上に刺状の毛がある。
トゲチシャ葉 トゲチシャ トゲチシャ
2015年7月2日 鹿島葉裏面の葉脈や茎に刺がある。
トゲチシャ トゲチシャ トゲチシャ
葉の基部は茎を抱く。
トゲチシャ トゲチシャ
2014年6月19日 鹿島葉は基部で捻れて横を向く。葉の基部は耳状になり茎を抱く。
トゲチシャ トゲチシャ トゲチシャ
裏面の主脈上に刺が並ぶ。葉は長さ約17cm、羽状に深裂する。葉の縁に刺がある。
トゲチシャ トゲチシャ トゲチシャ
裏面の主脈上に刺が1列に並ぶ。脈上の刺は長さ約2.3mm。
トゲチシャ トゲチシャ トゲチシャ
茎に刺が散生する。
トゲチシャ トゲチシャ トゲチシャ
茎に刺が多いものもある。
トゲチシャ トゲチシャ
2016年5月28日 宍道葉は基部で捻れて横を向く。葉の裏面脈上に刺が並ぶ。
トゲチシャ トゲチシャ トゲチシャ
茎に刺がある。
トゲチシャ トゲチシャ トゲチシャ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑