チマキザサ(粽笹)

ササ類
北海道・本州(日本海側)・九州北部に生える。稈は高さ1.5〜2m、直径7〜8mmになる。節はややふくれる。枝は1節から1個出る。稈の下部から上部にかけてまばらに分岐する。稈鞘はふつう節間の2分の1〜3分の2ほどで、無毛。葉身は長さ20〜25cm、幅6〜8cm。革状紙質で、両面とも無毛。葉鞘は無毛。ふつう葉耳があり、肩毛はざらつき、放射状に開出する。葉舌は低い山形または切形。(樹に咲く花)
学名は、Sasa veitchii var. hirsuta
イネ科ササ属


2013年5月16日 大東
チマキザサ チマキザサ チマキザサ
分枝する部分に腺のようなものがある。枝に小穂が5個程度つく。
チマキザサ チマキザサ チマキザサ
小花は無柄でずれてつく。花序は長さ約15cm。
チマキザサ チマキザサ チマキザサ
枝はさらに分枝するものがある。
チマキザサ チマキザサ チマキザサ
1つの小穂、小花が6個ある。小穂の下部に鱗片状の苞穎がある。小軸の様子。
チマキザサ チマキザサ チマキザサ
小花は長さ約5mm。裏側。護穎を開いてみた。
チマキザサ チマキザサ チマキザサ
護穎と内穎の中に子房がある。子房は3個の鱗皮に囲まれている。
チマキザサ チマキザサ チマキザサ
枝には斜上する毛が密生する。葉は小さく鱗片状の感じ。茎は無毛。葉は長いもので長さ約2cm。
チマキザサ チマキザサ チマキザサ
節は黒くなっている。鞘口に長い毛状のものがある。葉鞘の縁に毛がある。
チマキザサ チマキザサ チマキザサ
チマキザサ チマキザサ チマキザサ



2013年6月23日 宍道
チマキザサ チマキザサ チマキザサ
チマキザサ チマキザサ チマキザサ
チマキザサ チマキザサ
2009年7月18日 大東大出日山
チマキザサ チマキザサ チマキザサ
チマキザサ チマキザサ チマキザサ
チマキザサ チマキザサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑