チカラシバ(力芝)

多年草
北海道西南部〜沖縄の日当たりのよい路傍や土手、耕地の周辺などに生育し、群生する。茎の高さは50〜80cm、強靭、基部は紫色の葉鞘に包まれ偏平。葉は長さ30〜70cm、幅4〜7mm堅い。花序は円柱状、長さ10〜20cm。小穂は長さ7〜8mm。第1小花は護穎だけで、結実するのは第2小花である。第1包穎は長さ1mm、第2包穎は4mm。小穂基部の総苞は黒紫色を帯び毛状。果実は灰褐色、無光沢、長さ3mm。花期は8〜10月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Pennisetum alopecuroides
イネ科チカラシバ属


2016年12月3日 八雲長い総苞毛が目立つ。
チカラシバ チカラシバ チカラシバ
花序は長さ約11cm。長い総苞毛は長さ約2.7cm。
チカラシバ チカラシバ チカラシバ
小穂は長さ約7mm。第1苞穎は退化し、長さ1mm未満。第2苞穎は長さ約3mm。
チカラシバ チカラシバ チカラシバ
第1小花は退化し、護穎だけある。果実は長さ約4mm、長い花柱が残っている。総苞毛には上向きの小さな刺がある。
チカラシバ チカラシバ チカラシバ
総苞毛の小さな刺。葉舌は毛状。
チカラシバ チカラシバ チカラシバ
チカラシバ



2008年11月30日 東忌部
チカラシバ チカラシバ チカラシバ
チカラシバ チカラシバ
2003年9月21日 東忌部
チカラシバ チカラシバ チカラシバ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑