チゴザサ(稚児笹)

多年草
北海道西南部〜沖縄の水辺や水での縁、あぜ道などに生育し、普通群生する。茎は細いが堅く、分枝して叢生し、平滑・無毛、基部は地上を匍匐または斜上する。高さは30〜50cm。葉は長さ4〜6cm、幅4〜6mm、基部が丸く、無毛であるがざらつく。葉舌は毛状。葉鞘は縁だけに毛がある。花序は直立し卵形、長さ4〜6cm。小穂は広倒卵形または倒卵状球形、円頭、2小花からなり、長さ2〜2.2mm。包穎は広卵形、厚く鈍頭、淡緑色または緑紫色。護穎は包穎よりやや長く革質。果実は倒卵形、光沢があり暗灰色、長さ1.2mm。花期は6〜8月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Isachne globosa
イネ科チゴザサ属
似た花に山地に生えるハイチゴザサがあり、環状の腺はない。


2012年7月10日 東出雲小穂の柄には黄色の腺がある。
チゴザサ チゴザサ チゴザサ
チゴザサ チゴザサ チゴザサ
葉鞘は縁にだけ毛がある。葉舌は毛状。
チゴザサ チゴザサ チゴザサ
チゴザサ チゴザサ



2011年7月16日 西川津
チゴザサ チゴザサ チゴザサ
チゴザサ
2007年9月15日 東忌部 小穂の柄に淡黄色の腺がある。
チゴザサ チゴザサ チゴザサ
果実
チゴザサ チゴザサ チゴザサ
2007年7月28日 佐草
チゴザサ チゴザサ チゴザサ
チゴザサ
2005年7月10日 佐草
チゴザサ チゴザサ チゴザサ
2004年8月28日 乃白
チゴザサ チゴザサ
2004年7月11日 八雲村熊野
チゴザサ チゴザサ チゴザサ
チゴザサ チゴザサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑