チガヤ(茅萱)

多年草。
北海道〜沖縄の耕地の周辺や田のあぜ、海岸の草原などに生育し、群生する。根茎は堅く白色、地中深く横走し、また、新しい匍匐根茎を伸ばしてその先端に越冬芽をつけ、越冬芽は地中にある。茎は高さ30〜60cm、少数の葉がつく。葉は長さ20〜40cm、やや堅く、緑赤褐色、下部は狭まり茎のようになる。葉鞘には普通毛があり、基部には古い枯れた葉鞘が残っている。葉に先立って茎を出し花穂をつける。花穂は湾曲し尾状、長さ10〜20cm。小穂は披針形、長さ4〜6mm、基盤に長さ8〜10mmの絹光沢のある白い毛が密生し、第1〜第2包穎は披針形。第1小花は不完全。花期は6月。
学名は、Imperata cyindrica var. koenigii
イネ科チガヤ属
よく似たケナシチガヤ(I. var. koenigii f. pallida)は稈の節に毛がなく、やや湿地に多く、出穂が1ヶ月早い。


2012年5月22日 八雲
チガヤ チガヤ チガヤ
小穂の基部に白い絹毛が密生する。葯と柱頭が見える。
チガヤ チガヤ チガヤ
チガヤ チガヤ



2012年5月21日 西嫁島
チガヤ チガヤ チガヤ
節に毛がある有毛型。葉鞘口部に毛がある。
チガヤ チガヤ チガヤ
チガヤ
2011年6月9日 乃白
チガヤ チガヤ チガヤ
2012年6月18日 果実 東忌部絹毛に果実がぶら下がって飛んでいく。果実の基部に絹毛が密生する。
チガヤ チガヤ チガヤ
果実に雌しべの柱頭が残る。
チガヤ チガヤ チガヤ
2009年5月14日 玉湯
チガヤ チガヤ チガヤ


葉舌は短く、葉鞘の縁に毛がある。
チガヤ チガヤ チガヤ
節に毛がある有毛型。
チガヤ
2004年5月15日 袖師
チガヤ チガヤ チガヤ
2003年6月1日 玉湯
チガヤ チガヤ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑