チドリノキ(千鳥の木)

落葉小高木
岩手県以南〜九州の山地の沢沿いなどに群生することが多い。高さ8〜10m、直径10〜15cmになる。樹皮は暗褐色〜灰色で皮目が点在する。若木ではなめらかだが、成木では縦に割れる。枝は灰褐色〜紫褐色で無毛。葉は対生。葉身は長さ7〜15cm、幅3〜7cmの卵状長楕円形で、切れ込みはない。先は尾状に鋭くとがり、基部は浅いハート形または円形。ふちには鋭い重鋸歯がある。若葉は表面の脈上と裏面に毛があるが、成葉では裏面の脈上にだけ伏した軟毛がある。平行する18〜25対の脈があり、サワシバやクマシデのはに似ている。葉柄は長さ5〜20mmで、花時には毛がある。雌雄別株。長さ5〜8cmの総状花序をだし、直径約1cmの淡黄色の花を5〜15個つける。花弁と萼片はふつう4個あり、軟毛が生える。雄しべは4〜10個だが、個体によって変異がある。両性花の花柱は2裂し、子房には白色の軟毛がある。果実は翼果。分果は長さ2.5〜3cmで無毛。翼はほぼ直角に開く。8〜10月に熟す。花期は5月。
 冬芽は長さ5〜10mmの卵形で先はとがり、紫紅色。芽鱗は9〜13対で、基部には毛がある。頂芽はふつうできず、枝先に仮頂芽が2個並んでつく。葉痕はV字形またはU字形で、維管束痕は3個。(樹に咲く花)
学名は、Acer carpinifolium
ムクロジ科カエデ属


2013年5月6日 雌花 八雲雄花
チドリノキ雌花 チドリノキ雌花 チドリノキ雄花
雄花(上)と雌花(下)雌花。雌しべの基部に小さな雄しべがある。
チドリノキ花 チドリノキ雌花 チドリノキ雌花
退化したような小さな雄しべ。雌雄同株の木だった。
チドリノキ両性花 チドリノキ チドリノキ



>
2011年5月4日 雄花 八雲
チドリノキ花 チドリノキ花 チドリノキ花
萼片の間にあるのが花弁かもしれない。萼片は4個あり、軟毛が生える。
チドリノキ花 チドリノキ花 チドリノキ花
チドリノキ花 チドリノキ花 チドリノキ葉
チドリノキ葉 チドリノキ樹皮 チドリノキ樹皮
チドリノキ
2010年4月17日 蕾 八雲
チドリノキ蕾 チドリノキ蕾
2015年9月19日 果実 八雲果実は長さ約3cmの分果が2個ある。
チドリノキ果実 チドリノキ果実 チドリノキ果実
分果の基部の膨らみに種子がある。種子は長さ約8mm。
チドリノキ果実 チドリノキ種子 チドリノキ
2013年6月6日 果実 八雲果実は長さ約3cm。
チドリノキ果実 チドリノキ果実 チドリノキ果実
チドリノキ チドリノキ
2009年6月21日 八雲基部は心形となる。葉の裏面
チドリノキ葉 チドリノキ葉 チドリノキ葉裏面
裏面脈腋には毛が多い。
チドリノキ葉裏面 チドリノキ葉 チドリノキ葉
葉は対生する。
チドリノキ葉 チドリノキ樹皮 チドリノキ
2010年3月13日 冬芽 八雲
チドリノキ冬芽 チドリノキ冬芽 チドリノキ冬芽
2006年3月5日 冬芽 八雲
チドリノキ冬芽 チドリノキ冬芽 チドリノキ冬芽
チドリノキ樹皮 チドリノキ樹皮 チドリノキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑