チドメグサ(血止草)

多年草
本州〜沖縄の道ばたや庭の芝生になどに生える。茎はよく分枝して地をはい、節からひげ根をだしてふえる。葉は直径1〜1.5cmの円形で掌状に浅く裂け、基部は心形。ふちには3〜5個の歯牙がある。表面は光沢があり、関東地方以西では冬も枯れずに越冬する。葉腋から長さ0.5〜1.2cmの葉より短い花柄をだし、帯緑色の小さな花が10数個かたまってつく。果実は直径約1mmの扁球形。花期は6〜10月。(野に咲く花)
学名は、Hydrocotyle sibthorpioides
ウコギ科チドメグサ属
チドメグサの仲間


2013年8月21日 大井花序は直径約3mm。
チドメグサ チドメグサ チドメグサ
花は直径約1.5mm。
チドメグサ チドメグサ チドメグサ
花の基部には大きな子房がある。葉は浅く切れ込み、基部はあまり開かない。
チドメグサ チドメグサ チドメグサ
葉は直径5〜7mm、花柄は長さ約3mm。
チドメグサ チドメグサ



2009年3月20日 大東
チドメグサ チドメグサ チドメグサ
チドメグサ チドメグサ
2005年9月25日 宍道森林公園
チドメグサ チドメグサ チドメグサ
2008年4月26日 上乃木
チドメグサ チドメグサ チドメグサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑