テンツキ(天突)

1年草
本州〜九州の日当たりの良い路傍や田の畦、山地に生える。植物体に毛があるが、毛の量は個体差がある。稈は叢生し、高さ15〜50cm、ときに有毛。葉は幅1.5〜5mm、ときに有毛。基部の鞘は多くは有毛、茶褐色。花序は散形、2〜3回分枝し、長さ3〜7cm。小穂はやや多数ついて、長卵形、長さ5〜8mm、赤褐色を帯び、光沢があり、多数の花を密につける。鱗片は広卵形、長さ2〜3mm、無毛、鋭頭、竜骨があり緑色。そう果は広倒卵形、長さ0.8〜1.2mm、横断面はレンズ形、隆起する楕円形の格子紋があり、完熟後は黄白色になる。柱頭は2個、花柱に毛がある。花期は7〜10月。(岡山県カヤツリグサ科植物図譜)
学名は、Fimbristylis dichotoma
カヤツリグサ科テンツキ属


2014年9月8日 玉湯苞に毛がある。茎の先に花序より長い苞がある。
テンツキ テンツキ テンツキ
小穂は長さ約7mm。
テンツキ テンツキ テンツキ
鱗片は長さ約2.5mm。柱頭は2岐し、毛がある。
テンツキ テンツキ テンツキ
果実は長さ約1.2mm。果実の表面に格子状の模様がある。茎や苞に毛がある。
テンツキ テンツキ テンツキ
葉や鞘に毛がある。茎は長さ約30cm。
テンツキ テンツキ テンツキ



2012年8月30日 玉湯苞や茎に毛がある。
テンツキ テンツキ テンツキ
柱頭は2岐する。小穂は長さ約5.5mm。
テンツキ テンツキ テンツキ
果実は長さ約1mm、格子状の模様がある。高さは約40cm。茎の横断面。
テンツキ テンツキ テンツキ
葉鞘、茎には開出毛がある。
テンツキ テンツキ テンツキ
2009年9月21日 宍道
テンツキ テンツキ テンツキ
テンツキ テンツキ テンツキ
テンツキ
2005年9月10日 佐草茎や花序柄に毛がある。
テンツキ テンツキ テンツキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑