タチツボスミレ(立坪菫)

多年草
日本全土の人家付近のやぶや道ばたから山地まで、ごくふつうに生える。花の頃の茎は高さ10cmほどだが、花の後高さ30cmほどに伸びる。花期の葉は長さ約2cmの卵形で、花の後2倍以上の大きさになる。托葉はクシの歯状に深裂する。花はふつう淡紫色だが、変異が多い。花弁は長さ0.8〜1.2cm。距は長さ6〜8mm。花期は4〜5月。(野に咲く花)
学名は、Viola grypoceras
スミレ科スミレ属
スミレの分類


2015年4月16日 島根側弁は無毛。距は紫色を帯びる。
タチツボスミレ花 タチツボスミレ側弁 タチツボスミレ距
花は直径約2.5cm。茎につく葉。
タチツボスミレ距 タチツボスミレ花 タチツボスミレ葉
下部の葉。下部の葉(上)、茎葉(下)。茎葉は心形、長さ約3.5cm。
タチツボスミレ葉 タチツボスミレ葉 タチツボスミレ葉
葉の裏面。托葉は櫛の歯状に切れ込む。
タチツボスミレ葉裏面 タチツボスミレ托葉 タチツボスミレ托葉
タチツボスミレ タチツボスミレ タチツボスミレ
タチツボスミレ



2013年4月13日 玉湯側弁は無毛。
タチツボスミレ花 タチツボスミレ柱頭 タチツボスミレ距
花は直径約2cm。
タチツボスミレ花 タチツボスミレ花 タチツボスミレ柱頭
托葉は櫛の歯状に深裂。葉は心形。葉身は長さ約3cm×幅約3cm。
タチツボスミレ托葉 タチツボスミレ葉 タチツボスミレ葉
タチツボスミレ葉裏面 タチツボスミレ タチツボスミレ
2005年4月9日 三刀屋
タチツボスミレ花 タチツボスミレ距 タチツボスミレ葉
タチツボスミレ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑