タチスズメノヒエ(立ち雀の稗)

多年草
南アメリカ原産で本州〜沖縄に生育する。茎は高さ80〜250cm、直立・叢生、平滑・無毛。葉は長さ10〜30cm、幅5〜15mm、鞘口に5mmほどの白い毛が散生。葉舌は長さ3〜5mm、縁に長い毛をつける。茎の基部の葉鞘には開出する毛を生じる。花序は長さ20〜40cm、枝は8〜15cm、直立または斜上。小穂は花軸に2〜3列に並び、卵形、鋭頭、シマスズメノヒエよりやや小さく長さ2〜3mm、淡緑色または紫色を帯び、縁に長い絹毛がが密生する。第1包穎は袋果。第2包穎は花軸側に位置し、3脈がある。第3穎(退化した第1小花の護穎)は第2包穎とほぼ同形・同大。第4穎(第2小花の護穎)は革質、内穎を堅く包む。花期は10〜12月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Paspalim urvillei
イネ科スズメノヒエ属
よく似たシマスズメノヒエは柱頭や葯が黒紫色、花序の枝が少なく、軸に直角に近い角度でつく。


2011年11月2日 灘 公園芝生葯は黄色で、柱頭は黒紫色。
タチスズメノヒエ タチスズメノヒエ タチスズメノヒエ
高さ50cmくらい。
タチスズメノヒエ タチスズメノヒエ タチスズメノヒエ



2010年10月27日 玉湯花序枝の付け根にも毛がある。葯は淡黄色。
タチスズメノヒエ タチスズメノヒエ タチスズメノヒエ
タチスズメノヒエ タチスズメノヒエ タチスズメノヒエ
タチスズメノヒエ タチスズメノヒエ タチスズメノヒエ
2009年9月8日 鹿島枝を10〜20本出す。
タチスズメノヒエ タチスズメノヒエ タチスズメノヒエ
白色の長毛が密生する。葯が黄色。
タチスズメノヒエ タチスズメノヒエ タチスズメノヒエ
タチスズメノヒエ タチスズメノヒエ タチスズメノヒエ
タチスズメノヒエ タチスズメノヒエ タチスズメノヒエ
タチスズメノヒエ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑