タチスゲ(立菅)

多年草
本州(宮城県以南)〜九州の湿った草地に生える。根茎は短く密に叢生する。基部の鞘は淡褐色。葉は下面が粉白で、幅3〜6mm。有花茎は高さ30〜70cm。頂小穂は雄性、長さ1〜3cm、幅1〜1.5mm、ほとんど柄がない。側小穂は雌性、直立し、円柱状に密に果胞をつけ、長さ1〜4cm、幅3〜4mm。苞は葉身が長く、有鞘。果胞は広卵形で短い嘴があり、やや扁平で、口部は全縁、長さ約2.5mm、数個の隆起した太い脈があり、全面に細かい乳頭状突起を密布し、乾燥するとときに赤褐色に変色する。柱頭は3岐。果期は5〜6月。(日本のスゲ)
学名は、 Carex maculata
カヤツリグサ科スゲ属タチスゲ節


2015年6月10日 宍道
タチスゲ花序 タチスゲ花序 タチスゲ花序
苞は有鞘。
タチスゲ花序 タチスゲ花序 タチスゲ
雄小穂は長さ約3cm。雌小穂は長さ約3.5cm。
タチスゲ花序 タチスゲ雄小穂 タチスゲ雌小穂
雌鱗片は果胞より短い。柱頭は3岐する。
タチスゲ果胞 タチスゲ果胞 タチスゲ柱頭
雌鱗片は長さ約2.3mm、鈍頭。果胞は長さ約2.5mm、脈がある。
タチスゲ果胞鱗片 タチスゲ果胞鱗片 タチスゲ果胞
果胞には粒状突起が密生する。果実は果胞にゆるく包まれる。果実は長さ約1.7mm、頂部はねじれる。
タチスゲ果胞 タチスゲ果実 タチスゲ果実
葉は幅約6mm。表面は平滑。
タチスゲ葉 タチスゲ葉 タチスゲ葉裏面
葉の裏面には乳頭状突起が密生する。基部の鞘は淡褐色。
タチスゲ葉裏面 タチスゲ花序 タチスゲ花序
タチスゲ花序



2015年5月31日 八雲
タチスゲ花序 タチスゲ花序 タチスゲ花序
タチスゲ花序 タチスゲ花序 タチスゲ花序
雄小穂は長さ約2.5cm。雌小穂は長さ約3cm。
タチスゲ花序 タチスゲ雄小穂 タチスゲ雌小穂
果胞には隆起した太い脈がある。柱頭は3岐。
タチスゲ果胞 タチスゲ果胞 タチスゲ果胞
柱頭は3岐し、果胞は長さ約2.8mm。雌鱗片は果胞より短い。
タチスゲ果胞 タチスゲ雌鱗片 タチスゲ果胞
果胞には乳頭状突起が密生する。果実は果胞にゆるく包まれる。果実は長さ約1.7mm。
タチスゲ果胞 タチスゲ果実 タチスゲ果実
果実は3稜形で、頂部はねじれている。苞は有鞘。
タチスゲ果実 タチスゲ果実 タチスゲ
葉は幅約5mm。葉の裏面。葉の裏面は乳頭状突起が密生し白く見える。
タチスゲ葉 タチスゲ葉裏面 タチスゲ葉裏面
茎は長さ約50cm。
タチスゲ タチスゲ タチスゲ
2012年6月23日 東忌部雌小穂は長さ約2cm。雌鱗片は果胞より短い。
タチスゲ タチスゲ タチスゲ
果胞は乳頭状突起が密生する。果胞は長さ約2.3mm、隆起した脈がある。雌鱗片は長さ約1.9mm、芒はない。
タチスゲ タチスゲ タチスゲ
果実は長さ約1.5mm、頂部はねじれる。果胞は長さ約2mm。(標本)嘴は短く、口部は切形。(標本)
タチスゲ タチスゲ タチスゲ
果胞の乳頭状突起。果実は長さ約1.5mm、頂部がねじれる。(標本)小穂まで高さ約50cm。
タチスゲ タチスゲ タチスゲ
長い葉状の苞がある。苞は鞘がある。
タチスゲ タチスゲ タチスゲ
小穂は直立し、垂れ下がらない。
タチスゲ タチスゲ タチスゲ
2012年6月18日 東忌部頂小穂は雄性、柄はほとんどない。小穂は直立し、垂れない。
タチスゲ タチスゲ タチスゲ
小穂まで高さ約35cm。
タチスゲ タチスゲ タチスゲ
小穂は長さ約2cm。果胞は扁平、雌鱗片は果胞より短い。果胞は長さ約2.1mm。
タチスゲ タチスゲ タチスゲ
雌鱗片の先は芒にならない。果実は3稜形。
タチスゲ タチスゲ タチスゲ
タチスゲ タチスゲ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑