タケニグサ(竹似草)

多年草
本州〜九州の日当たりのよい荒地や道ばたなどに多い。高さ1〜2m。全体に粉白を帯びる。茎は中空で、切ると有毒の黄色の乳液をだす。葉は長さ10〜30cmで、菊の葉のように裂け、裏面にはふつう縮毛が密生する。茎の先に大きな円錐花序をつくり、白い花を多数つける。花には花弁はなく、萼片も開花と同時に落ちる。雄しべは多数あり、葯は線形で花糸は糸状。さく果は長さ約2.5cm。花期は7〜8月。(野に咲く花)
学名は、Macleaya cordata
ケシ科タケニグサ属


2016年6月27日 上大野花には花弁はなく多数の雄しべと雌しべ1個がある。萼は開花時に落ちる。
タケニグサ花 タケニグサ花 タケニグサ花
タケニグサ タケニグサ タケニグサ葉
葉の裏面は白い。
タケニグサ葉裏面 タケニグサ葉裏面 タケニグサ葉裏面
葉の裏面は縮毛が密生する。
タケニグサ葉裏面 タケニグサ タケニグサ
2014年7月12日 蕾 西尾花には花弁はなく多数の雄しべと雌しべ1個がある。萼は開花時に落ちる。
タケニグサ蕾 タケニグサ花 タケニグサ花序
蕾は白い2枚の萼に包まれている。蕾の萼は長さ約1cm。長さ約1.1cm。
タケニグサ蕾 タケニグサ蕾 タケニグサ蕾
萼を開くと多数の雄しべと1個の雌しべがある。
タケニグサ蕾 タケニグサ蕾 タケニグサ蕾
雌しべの柱頭は2裂する。
タケニグサ蕾 タケニグサ蕾 タケニグサ花序
受粉したばかりの子房(果実)。大きくなってきた若い果実。
タケニグサ花序 タケニグサ果実 タケニグサ果実
若い果実は長さ約2cm。
タケニグサ果実 タケニグサ果実 タケニグサ果序
タケニグサ果序 タケニグサ タケニグサ葉
葉身は長さ約21cm。表面は無毛。
タケニグサ葉 タケニグサ葉 タケニグサ葉裏面
裏面は白い毛が密生する。茎は無毛。
タケニグサ葉裏面 タケニグサ茎 タケニグサ
高さは2m以上。
タケニグサ タケニグサ タケニグサ
タケニグサ




2014年10月1日 果実 西尾果実は扁平で、長さ約2.5cm。種子は通常6個入る。
タケニグサ果実 タケニグサ果実 タケニグサ種子
種子は長さ約2mm。表面に網目模様があり、種枕がつく。
タケニグサ種子 タケニグサ種子 タケニグサ種子
タケニグサ
2014年8月23日 果実 西尾果実は長さ約2cm。
タケニグサ果実 タケニグサ果実 タケニグサ果実
果実に比して、種子は小さく少ない。種子が5個入っていたもの。長さ約2mm。1個は未熟。
タケニグサ種子 タケニグサ種子 タケニグサ種子
種子には種枕(エライオソーム)がつく。表面には楕円形の凹凸がある。
タケニグサ種子 タケニグサ種子 タケニグサ種子
タケニグサ種子 タケニグサ果序 タケニグサ
タケニグサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑