タカネマスクサ(高嶺升草)

多年草
北海道〜九州の平地から低産地の湿った樹林内に生える。根茎は短く密に叢生する。葉は幅1.5〜2.5mm。有花茎は高さ30〜80cm、鈍稜があって平滑。花序は4〜7個の無柄の小穂をやや間を開けてつけ、苞は葉状で花序より著しく長い。小穂は雌雄性で、多数の雌花と基部に少数の雄花をつけ、卵形で長さ6〜10mm、幅4〜6mm。雌鱗片は淡緑色、果胞より短い。果胞は広卵形で扁平、広い翼があり、長さ3.5〜4.5mm。果実は長さ1.5mm。小穂の数が少ないマスクサと間違えることがあるが、本種の果胞はひと回り大きく、柱頭は2岐。果期は5〜7月。(日本のスゲ)
学名は、Carex planata
カヤツリグサ科スゲ属ヤブスゲ節


2015年5月31日 八雲苞は非常に長い。小穂の基部に雄花が見える。
タカネマスクサ花序 タカネマスクサ花序 タカネマスクサ花序
小穂の基部に雄花が見える。
タカネマスクサ花序 タカネマスクサ花序 タカネマスクサ花序
小穂は長さ約8mm。柱頭は2岐。小穂の基部に雄花が見える。
タカネマスクサ小穂 タカネマスクサ柱頭 タカネマスクサ雄花
雄花。鱗片は長さ約3.5mm、果胞は4.5mm。果胞の周囲は翼がある。
タカネマスクサ雄花 タカネマスクサ鱗片果胞 タカネマスクサ果胞
果胞の口部は2歯があり、毛状の突起が密生する。若い果実は長さ約1.7mm。
タカネマスクサ果胞 タカネマスクサ果胞 タカネマスクサ果実
柱基はやや膨れる。
タカネマスクサ果実 タカネマスクサ果実 タカネマスクサ
苞は20cm以上と非常に長い。茎は長さ約20cm。
タカネマスクサ タカネマスクサ タカネマスクサ
タカネマスクサ
2012年6月26日 東長江小穂は卵形。苞は葉状で、著しく長い。
タカネマスクサ タカネマスクサ タカネマスクサ
小穂は無柄でつく。小穂は長さ約6mm。雌鱗片は果胞より短い。
タカネマスクサ タカネマスクサ タカネマスクサ
雌鱗片は長さ約3mm。果胞は長さ約3.6mm、周りは翼となる。果実は長さ約1.2mm、柱頭は2岐。
タカネマスクサ タカネマスクサ タカネマスクサ
小穂まで高さ約48cm。
タカネマスクサ タカネマスクサ タカネマスクサ



2012年6月11日 八雲柱頭は2岐する。
タカネマスクサ タカネマスクサ タカネマスクサ
苞は非常に長い。小穂は長さ約8mm。雄花が確認できていない。
タカネマスクサ タカネマスクサ タカネマスクサ
雌鱗片は長さ約3mm、果胞より短い。果胞は長さ約4mm、縁は翼となる。
タカネマスクサ タカネマスクサ タカネマスクサ
タカネマスクサ タカネマスクサ タカネマスクサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑