タガラシ(田辛子)

越年草
北海道〜九州の田や溝にふつうに生える。茎は高さ30〜60cm、よく分枝し、上部は毛を散生する。根出葉はやや肉質、やや無毛で光沢があり、腎形、掌状に3〜5中〜深裂し、裂片はさらに3〜5浅裂して先は円く、幅3〜7cm。茎葉は互生し、上部のものほど葉柄が短く、3深裂し、裂片の幅は狭く、時に2深裂、毛を散生する。花柄は1〜2.5cm。萼片は5、楕円形、舟形、長さ3.5〜4mm、背部に毛があり、そり返る。花弁は5、楕円形、黄色で光沢があり、長さ3.5〜4mm、基部に蜜腺がある。雄しべは多数、花糸は1.8mm、無毛、葯は1mm。花床は花後に伸びて長楕円形、、長さ8〜10mm、無毛または白毛を散在。そう果は多数、広倒卵形、無毛、長さ1〜1.2mmで。花期は4〜5月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Ranunculus sceleratus
キンポウゲ科キンポウゲ属


2014年4月10日 乃木福富花床は楕円状に伸びる。
タガラシ花 タガラシ花 タガラシ
花は直径約9mm。
タガラシ花 タガラシ花 タガラシ花
葉は3〜5中裂し、裂片の先は丸い。
タガラシ タガラシ葉 タガラシ葉



2004年5月2日 乃白花床は咲き進むと伸びる。果実は楕円形の集合果。
タガラシ花 タガラシ花 タガラシ果実
タガラシ果実 タガラシ タガラシ
2007年3月31日 末次湖岸
タガラシ花 タガラシ花 タガラシ花序
タガラシ葉 タガラシ葉 タガラシ
2005年4月2日 乃白
タガラシ花 タガラシ花 タガラシ花
タガラシ葉 タガラシ葉 タガラシ
2007年2月12日 乃白
タガラシ花 タガラシ葉 タガラシ葉
タガラシ葉 タガラシ
2013年5月9日 果実 鹿島小さな果実が密集する。
タガラシ果実 タガラシ果実 タガラシ花
花は直径約7mm。
タガラシ花 タガラシ花 タガラシ花
集合果は長さ約9mm。果実は長さ約1.7mm。
タガラシ果実 タガラシ果実 タガラシ果実
葉は3深裂し、下部の葉は葉柄が長い。
タガラシ葉 タガラシ葉 タガラシ花序
茎に軟毛がある。
タガラシ茎 タガラシ タガラシ
2007年2月12日 幼葉 乃白
タガラシ幼葉 タガラシ幼葉 タガラシ幼葉
タガラシ幼葉
2014年3月17日 幼葉 乃木福富
タガラシ幼葉 タガラシ幼葉 タガラシ幼葉
タガラシ幼葉 タガラシ幼葉


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑