タガネソウ(鏨草)

多年草
北海道〜九州の乾燥した林内や草地に生える。根茎は匍匐して、疎らに生える。基部の鞘は赤色を帯びる。葉は披針形で幅1〜3cm、無毛またはまばらに毛があり、果期には前年葉は枯れている。有花茎は高さ10〜40cm、ほとんど無毛。有花茎の葉は退化して苞と同形。苞は葉身が短く、幅が広く、有鞘。小穂は雄雌性、ときに頂小穂は雄性、ふつう1節に1個ずつつけ、柄があって直立し、長さ1〜2cm。雌鱗片は卵形で鈍頭、果胞とほぼ同長。果胞は淡緑色で長さ約3mm、ほとんど無嘴、無毛。柱頭は3岐。果期は5〜6月。(日本のスゲ)
学名は、Carex siderosticta
カヤツリグサ科スゲ属タガネソウ節


2015年5月31日 八雲
タガネソウ花序 タガネソウ花序 タガネソウ花序
小穂は長さ約1.5cm。先端は雄花部がつく。
タガネソウ小穂 タガネソウ小穂 タガネソウ雄花
雌花部には雌花がまばらにつく。鱗片は果胞より長い。果胞は長さ約3.2mm、鱗片は3.5mm。
タガネソウ果胞鱗片 タガネソウ果胞鱗片 タガネソウ果胞鱗片
果胞は長さ約3.3mm。未熟な果実は3稜形、長さ約2.5mm。茎は長さ約20cm。
タガネソウ果胞 タガネソウ果実 タガネソウ
タガネソウ
2015年4月26日 八雲花茎は長さ約22cm。
タガネソウ タガネソウ タガネソウ
小穂が4個ある。小穂は雄雌性で、雌花はまばらにつく。
タガネソウ タガネソウ小穂 タガネソウ小穂
側小穂には長い柄がある。小穂の頂部に雄花、その下部に雌花がつく。雄鱗片は長さ約5mm。
タガネソウ タガネソウ雄花 タガネソウ雄鱗片
雄鱗片に紫褐色の斑点がある。雌鱗片と果胞。雌鱗片は長さ約4.5mm。
タガネソウ雄鱗片 タガネソウ雌鱗片 タガネソウ雌鱗片
雌鱗片に紫褐色の斑点がある。柱頭は3岐する。未熟な果胞、長さ約3mm。
タガネソウ雌鱗片 タガネソウ柱頭 タガネソウ果胞
果胞の口部は切形、嘴は短い。果胞の中の未熟な果実。未熟な果実。
タガネソウ果胞 タガネソウ果実 タガネソウ果実
未熟な果実の頂部。苞は長さ約2cm。苞の葉身は長さ約5mm、長い鞘がある。
タガネソウ果実 タガネソウ苞 タガネソウ苞
花時には前年の葉は枯れている。
タガネソウ若葉 タガネソウ タガネソウ若葉
タガネソウ
2013年6月12日 西忌部
タガネソウ タガネソウ タガネソウ
小穂は長さ約1.5cm、雄雌性。
タガネソウ タガネソウ タガネソウ
雌鱗片と果胞。未成熟な果胞、長さは約3mm。未成熟な果実。
タガネソウ タガネソウ タガネソウ
葉は長さ約15cm、幅約2cm。葉の縁と裏面に短毛がある。
タガネソウ タガネソウ タガネソウ
タガネソウ



2014年5月25日 西忌部
タガネソウ タガネソウ タガネソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑