シュウカイドウ(秋海棠)

多年草
中国南部から東南アジアの原産。江戸時代の嘉永年間に中国から渡来し、各地で栽培された。日陰で湿気の多い土地に野生化している。全体多肉質でみずみずしい。茎はしばしば赤味を帯び、よく分岐して直立し、高さは80cmほどになる。葉は偏心形でやや肉質の毛がまばらにあり、縁には鋸歯があって、長い柄で互生する。茎の頂に分岐した花序を出し、淡紅色の雌雄別の花を多数つける。花期は秋。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Begonia grandis
シュウカイドウ科シュウカイドウ属


2015年10月3日 雌花 西長江雌花の下部には翼を持つ子房がある。雄花。内花被片2個(小)、外花被片2個(大)
シュウカイドウ雌花 シュウカイドウ雌花 シュウカイドウ雄花
雌花は直径約3cm。雌しべの花柱は3個、柱頭は2岐する。時期が遅いためか花被片が多い。
シュウカイドウ雄花 シュウカイドウ雌花 シュウカイドウ雌花
柱頭がらせん状になっている。果実は3角状の翼が3個ある。
シュウカイドウ雌花 シュウカイドウ果実 シュウカイドウ果実
果実は長さ約2.5cm。
シュウカイドウ果実 シュウカイドウ果実 シュウカイドウ果実
果実の横断面、3室あり微細な種子が入る。種子は長さ0.4〜0.5mm。表面に大きな網目模様がある。
シュウカイドウ果実 シュウカイドウ種子 シュウカイドウ種子
葉腋に珠芽ができる。珠芽は長さ約1cm。
シュウカイドウ珠芽 シュウカイドウ珠芽 シュウカイドウ珠芽
シュウカイドウ珠芽 シュウカイドウ



2011年9月28日 雄花 大海崎雄花の下部に雌花が見える。
シュウカイドウ シュウカイドウ シュウカイドウ
雌花の基部の子房には3つの翼がある。
シュウカイドウ シュウカイドウ シュウカイドウ
シュウカイドウ
2010年10月2日 西長江
シュウカイドウ シュウカイドウ シュウカイドウ


雌花 基部の子房には3つの翼がある。
シュウカイドウ シュウカイドウ シュウカイドウ
シュウカイドウ シュウカイドウ シュウカイドウ
葉腋にできたムカゴ。
シュウカイドウ シュウカイドウ シュウカイドウ
シュウカイドウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑