シュロガヤツリ(棕櫚蚊帳吊)

多年草
マダガスカル原産、観賞用に栽培されるが、河川の岸辺に逸出してる帰化植物。植物体は叢生し、短い根茎を持つことがある。稈は通常高さ70〜100cmだが、時に100cmを超えることがある。葉は退化し稈の基部に鞘状につく。苞葉の葉身は葉状で稈の頂端に傘状に互生し、約20枚、線状で長さ10〜20cm、先端は尖る。花序枝は2〜7cm、多数つき、苞葉の葉身と交互に並ぶ。小穂は長楕円形、長さ5〜10mm、扁平、淡褐色、花序枝の先に数個つく。鱗片は楕円形、長さ1.8〜1.9mm、短芒を持ち、竜骨はやや鋭形。そう果は倒卵形、長さ約0.8mm、横断面は3稜形。花柱はそう果とほぼ同長。柱頭は3個。花期は6〜7月。(岡山県カヤツリグサ科植物図譜)
学名は、Cyperus alternifolius
カヤツリグサ科カヤツリグサ属


2015年5月25日 植栽 宍道花序枝は苞葉と交互に出る。
シュロガヤツリ シュロガヤツリ シュロガヤツリ
花序枝は長さ約7cm。小穂は長さ約5mm。
シュロガヤツリ シュロガヤツリ シュロガヤツリ
鱗片は長さ約2mm。柱頭は3岐し、鱗片の内側に葯がある。
シュロガヤツリ シュロガヤツリ シュロガヤツリ
3個の葯は開いていない。雌しべと子房。
シュロガヤツリ シュロガヤツリ シュロガヤツリ
シュロガヤツリ
2011年5月20日  島根
シュロガヤツリ シュロガヤツリ シュロガヤツリ
シュロガヤツリ シュロガヤツリ シュロガヤツリ
シュロガヤツリ



2011年7月23日  島根
シュロガヤツリ シュロガヤツリ シュロガヤツリ
シュロガヤツリ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑