シュンラン(春蘭)

多年草
北海道〜九州の乾燥した林内に生える。葉は長さ20〜35cm、幅0.6〜1cmの線形。花茎は肉質で太く、高さ10〜25cmになり、膜質の鱗片におおわれる。花はふつう1個つき、萼片は帯緑色〜黄緑色で長さ3〜3.5cm。側花弁はやや小さい。唇弁は白色で濃赤紫色の斑点がある。花期は3〜4月。(野に咲く花)
学名は、Cymbidium goeringii
ラン科シュンラン属


2015年4月26日 東忌部花は約3cm×4cm。
シュンラン花 シュンラン花 シュンラン花
唇弁の中央には縦に溝がある。
シュンラン花 シュンラン花 シュンラン
2015年4月16日 島根
シュンラン花 シュンラン シュンラン



2012年4月17日 宍道
シュンラン花 シュンラン花 シュンラン花
花茎は鱗片に包まれる。
シュンラン花 シュンラン花茎 シュンラン
シュンラン
2012年4月10日 枕木山
シュンラン花 シュンラン花 シュンラン葉
2008年5月6日 鹿島
シュンラン花 シュンラン
2006年4月23日 西忌部
シュンラン花
2005年4月17日 西尾
シュンラン花 シュンラン花
2004年4月4日 西尾2004年3月13日 蕾 法吉
シュンラン花 シュンラン花 シュンラン蕾
2015年2月21日 蕾 下東川津
シュンラン蕾 シュンラン シュンラン
2013年1月31日 蕾 東忌部
シュンラン蕾 シュンラン葉 シュンラン葉
2015年1月24日 蕾 宍道
シュンラン蕾 シュンラン シュンラン
2015年5月31日 若い果実 東忌部去年の果実の殻。
シュンラン果実 シュンラン シュンラン
シュンラン シュンラン


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑