シャガ(射干)

多年草
本州〜九州の林内に群生することが多い。古い時代に中国から渡来したともいわれる。葉は長さ30〜60cm、幅2〜3.5cmで光沢のある鮮緑色。花茎は高さ30〜70cmになり、上部で分枝して、淡白紫色の花をつける。花は直径4〜5cmで、朝開いて夕方にしぼむ。外花被片のふちは細かく切れこみ、中央部に橙黄色の斑点ととさか状の突起があり、そのまわりに淡紫色の斑点がある。内花被片はやや細く、先は浅く2裂する。花柱の裂片の先は2裂し、さらに細かく裂け、花弁のように見える。3倍体植物なので結実しない。花期は4〜5月。(野に咲く花)
学名は、Iris japonica
アヤメ科アヤメ属


2012年5月16日 大海崎雌しべの裏に雄しべがある。
シャガ シャガ シャガ
雄しべ。花の落ちたあと。
シャガ シャガ シャガ
シャガ



2012年5月12日 大東
シャガ シャガ シャガ
シャガ シャガ シャガ
シャガ
2011年5月14日 玉湯
シャガ シャガ シャガ
とさか状の突起がある。雌しべの裏側に雄しべがあるらしい。
シャガ シャガ シャガ
シャガ シャガ シャガ
シャガ シャガ シャガ
シャガ
2009年5月23日 八雲
シャガ シャガ シャガ
シャガ
2004年4月18日 鹿島
シャガ シャガ
2002年4月28日 松江市城山 植栽2005年4月10日 川原
シャガ シャガ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑