スズメノチャヒキ(雀の茶挽)

1年草
本州〜九州の耕地や荒れ地に生育し、散生またはやや群生する。全体に軟毛が多い。茎の高さ30〜60cm。葉は長さ15〜30cm、幅3〜5mm。両面にとくに表面に毛が多い。葉舌は半円形、縁は鋸歯状、長さ2〜2.5mm。葉鞘は筒状。円錐花序は一方に傾き長さ10〜25cm、枝は細く4〜6個半輪生し、小穂を下垂してつける。小穂は扁平、長さ2〜3cm、6〜10小花からなる。第1包穎は長さ5.5mm、3脈。第2包穎は7〜8mm、5〜7脈。護穎の先端は2裂し背面から芒を出し外曲。果実は長さ7mm。花期は6〜7月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Bromus japonicus
イネ科スズメノチャヒキ属


2011年5月20日 島根
スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ
スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ
スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ
スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ



2008年6月8日 西川津
スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ
スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ
スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ
2008年6月8日 西川津
スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ
スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ
スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ
スズメノチャヒキ
2013年7月1日 美保関
スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ
小穂は芒を除いて長さ約2.3cm。第1包穎は約6.5mm、第2苞穎は約7.5mm。小花の護穎は長さ約10mm、芒は約10mm。
スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ
内穎は護穎より少し短い。護穎の背と縁に小さな刺がある。果実は長さ約7mm。
スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ スズメノチャヒキ
スズメノチャヒキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑