スズメノカタビラ(雀の帷子)

越年草
北海道〜沖縄の路傍や人家の周辺、空き地、畑地、果樹園などに生育し、群生する。茎は高さ5〜30cm、偏平・平滑、光沢があり、叢生し直立または斜上する。葉は長さ2〜8cm、幅2〜3mm、線形、先は急にとがる。葉舌は長さ3〜6mm。花序は卵形、長さ3〜8cm、枝は各節に双生し平滑。小穂は楕円形、長さ4.5〜5mm、3〜5小花からなる。小花の護穎は長さ3〜3.2mm、内穎は2.5〜2.8mm。護穎基部の縮毛はない。雄しべは3個、葯は淡黄色、花柱は2個。果実は披針形、腹面はくぼみ淡褐色、無光沢、長さ1.5mm。花期は4〜10月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Poa annua
イネ科イチゴツナギ属
よく似たものにアオスズメノカタビラ(ツルスズメノカタビラ)やツクシスズメノカタビラがあるが判別は難しいので、ここでは分けていない。


2009年3月1日 八雲大田
スズメノカタビラ スズメノカタビラ スズメノカタビラ
スズメノカタビラ



2008年12月7日 上乃木護頴の縁が不透明な白色
スズメノカタビラ スズメノカタビラ スズメノカタビラ
スズメノカタビラ スズメノカタビラ スズメノカタビラ
スズメノカタビラ
2007年2月12日 佐草
スズメノカタビラ スズメノカタビラ スズメノカタビラ
スズメノカタビラ
2006年12月10日 上乃木
スズメノカタビラ スズメノカタビラ スズメノカタビラ
スズメノカタビラ
2004年3月28日 風土記の丘
スズメノカタビラ スズメノカタビラ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑