スナビキソウ(砂引草)

多年草
北海道〜九州の海岸の砂地に生える。砂の中に地下茎を長くのばしてふえる。高さ30cmほど。葉は互生し、長さ2.5〜6cmの倒披針形〜長楕円状披針形で厚く、両面に伏毛がある。茎の先に短い花序をだし、香りのよい白色の花をつける。花柄は直径約8mm、筒部は6〜7mmで、先は5裂して平開する。子房が裂けないで、核果をつくるのが特徴。核果は長さ0.8〜1cmの4稜形。外側はコルク質で、中に4個の核が入っている。花期は5〜8月。(野に咲く花)
(成熟時分裂為2個各含2粒種子的分核。・・中国植物志)
学名は、Heliotropium japonicum
ムラサキ科キダチルリソウ属


2014年6月1日 美保関
スナビキソウ花 スナビキソウ花 スナビキソウ花
花は直径約1cm。中心部が黄色。花筒の奥に雌しべと雄しべ5個がある。
スナビキソウ花 スナビキソウ花 スナビキソウ花
果実の先端は凹み、花柱が残る。若い果実は長さ約1cm。
スナビキソウ果実 スナビキソウ果実 スナビキソウ果実
果実の横断面、4分核を作るが2個だけ見える。
スナビキソウ果実 スナビキソウ果実 スナビキソウ果序
葉は長さ約5.5cm。
スナビキソウ花序 スナビキソウ葉 スナビキソウ葉
葉の表裏とも伏毛が多い。
スナビキソウ葉 スナビキソウ葉裏面 スナビキソウ葉裏面
茎に上向きの伏毛が密生する。
スナビキソウ茎 スナビキソウ茎 スナビキソウ



2010年10月11日 島根
スナビキソウ スナビキソウ スナビキソウ
スナビキソウ スナビキソウ
2007年6月10日 島根果実
スナビキソウ スナビキソウ スナビキソウ
下部の葉上部の葉
スナビキソウ スナビキソウ スナビキソウ
スナビキソウ スナビキソウ
2004年5月23日 鹿島2006年6月18日 鹿島
スナビキソウ スナビキソウ スナビキソウ
2014年6月19日 果実 鹿島果実は直径約1cm。
スナビキソウ果実 スナビキソウ果実 スナビキソウ果実
先は凹む。果実の横断面、4個の分核がある。2個の核があり、各々に2個の分核がある。長さ約5mm。
スナビキソウ果実 スナビキソウ果実 スナビキソウ核
核の横断面、2個の分核からなる。
スナビキソウ核 スナビキソウ スナビキソウ
2011年7月18日 果実 鹿島
スナビキソウ スナビキソウ スナビキソウ
スナビキソウ スナビキソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑