スミレ(菫)

多年草
日本全土の人家付近から丘陵まで日当たりのよいところにふつうに生える。根は黄赤褐色で太い。高さは7〜11cm。葉は束生し、花期には長さ2〜9cmの長楕円状披針形で、先はまるい。葉柄には広い翼がある。夏の葉は大きく三角状披針形。花は大きく、ふつう濃紫色だが、白花品もある。花弁は長さ1.2〜1.7cm。側弁には白い突起毛がある。距は長さ5〜7mm。柱頭はカマキリの頭のようにふくらむ。花期は4〜5月。(野に咲く花)
学名は、Viola mandshurica
スミレ科スミレ属
海岸型の変種で葉が厚くて光沢がある2変種があり、日本海側に分布するものをアナマスミレといい、太平洋側のものをアツバスミレという。
スミレの分類


2014年4月23日 東朝日
スミレ花 スミレ花 スミレ
スミレ



2013年4月4日 天神側弁に毛がある。
スミレ花 スミレ花 スミレ柱頭
花は直径約3cm。
スミレ距 スミレ花 スミレ花
スミレ葉 スミレ葉 スミレ葉裏面
スミレ スミレ
2012年5月7日 東長江
スミレ花 スミレ側弁 スミレ距
スミレ果実 スミレ葉 スミレ葉柄
スミレ葉裏面 スミレ スミレ
2006年4月30日 玉湯側弁には毛が生える。
スミレ花 スミレ距 スミレ側弁
葉柄には翼がある。
スミレ葉 スミレ葉柄 スミレ
2005年4月29日 宍道上来待
スミレ花 スミレ距 スミレ葉
2006年11月25日 佐草
スミレ花
2004年10月11日 佐草
スミレ花 スミレ距 スミレ葉


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑