スイセン(水仙)

多年草
地中海沿岸原産。古い時代に中国を経て日本に入ってきたといわれる。関東以西〜九州の海岸に野生化している。地中に黒い外皮に包まれた卵球形の鱗茎がある。葉は晩秋にのびだし、粉白を帯びた緑色で長さ20〜40cm、幅0.8〜1.6cm。葉の中心から高さ20〜40cmの花茎をのばし、芳香のある花を5〜7個横向きに開く。花被片はわずかにクリーム色を帯びた白色で、平開する。のどの部分にある副花冠は杯形。雄しべは花筒の上部に3個、下部に3個つき、花糸はごく短い。花期は12〜4月。(野に咲く花)
スイセン属の花はみんなスイセンとよばれることがあるが、スイセン(Narcissus tazetta var. chinensis)やラッパズイセン、カップズイセンなど花の形や副花冠の色のちがいなどでいろいろな種類がある。
ここでは、スイセン属の総称として、スイセンという名前を使っている。
学名は、Narcissus spp.
ヒガンバナ科スイセン属


これは狭義のスイセン(Narcissus tazetta var.chinensis)だろう。
2004年11月20日 美保関2003年2月23日 植栽 松江市
スイセン スイセン




いろいろな種類がある。
2009年3月8日 野生化 秋鹿
スイセン スイセン スイセン
スイセン
2009年4月12日 いろいろな種類が野生化している。八雲の川原
キズイセン(Narcissus jonquilla)八重咲き
スイセン スイセン スイセン
スイセン
カップ咲き
スイセン スイセン


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑