スイバ(酸葉)

多年草
北海道〜九州の道ばた、田畑のあぜにふつう。酸味がある。地下茎は短く太い。雌雄異株。茎は直立し高さは50〜80cm、円柱形でしばしば赤みを帯びる。根生葉はむらがってつき、長柄があり、長楕円、鈍頭、基部は矢じり形で裂片は葉柄に平行する。茎の中部の葉は披針状楕円形で鈍頭または鋭頭、基部は茎を抱く。花は円錐花序につき、直径3mm、花後に花被は大きくなり、外の3片はそり返り、内花被片は全縁、果実を包み長さ4mm、その中肋は肥厚しないでしばしば赤色を帯びる。花期は5〜8月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Rumex acetosa
タデ科ギシギシ属
似たものの比較。


2015年4月26日 雄花 佐草小さな花が無数につく。
スイバ スイバ スイバ
花は直径約3mm。
スイバ スイバ スイバ
乾燥したら葯がはじけて花粉が出てきた。花被片に包まれて葯がある。
スイバ スイバ スイバ
花の裏面。花被片が6個ある。外花被片がやや細い。雄しべは6個で花糸が短く大きな葯がある。
スイバ スイバ スイバ
6個の葯。上部の葉は無柄で茎を抱く。
スイバ スイバ スイバ
下部の葉は柄があり、基部は矢じり形。
スイバ スイバ スイバ
スイバ スイバ



2015年4月22日 雌花 宍道小さな花が無数につく。
スイバ スイバ スイバ
スイバ スイバ スイバ
花は直径約2mm。3個の柱頭があり、柱頭は糸状になる。花の側面、右は外花被片。
スイバ スイバ スイバ
花の裏面、3個の外花被片がある。柱頭に隠れて内花被片がある。3個の内花被片の中に子房がある。(柱頭を除いている。)
スイバ スイバ スイバ
取り出した子房から伸びる雌しべの柱頭。花柱は1個とれているので、2個の花柱があり、糸状の柱頭が多数ある。
スイバ スイバ スイバ
茎の上部の葉は葉柄がなく、茎を抱く。
スイバ スイバ スイバ
下部の葉や根生葉は長い葉柄がある。
スイバ スイバ スイバ
根生葉(上)と茎の葉(下)。
スイバ スイバ スイバ
2011年5月14日 雌花 宍道雌しべの柱頭は糸状になる。外花被片は後方へそり返る。
スイバ スイバ スイバ
大きくなり始めた果実。内花被片は団扇状になり、果実を包む。瘤体はない。
スイバ スイバ スイバ
3個の内花被片が合わさっている。
スイバ スイバ スイバ
葉の基部はやじり形で茎を抱く。
スイバ スイバ
2011年5月14日 雄株 雄花 宍道
スイバ スイバ スイバ
スイバ スイバ スイバ
スイバ スイバ
2015年5月21日 果実 打出内花被片は全縁、瘤体はない。
スイバ果実 スイバ果実 スイバ果実
内花被片は長さ約4mm。外花被片は後方へそり返る。3個の内花被片が合わさり果実を包む。
スイバ果実 スイバ果実 スイバ果実
内花被片の中に果実が1個ある。果実は長さ1.7〜2mm。果実は3稜形。
スイバ果実 スイバ果実 スイバ果実
茎葉は柄がなく茎を抱く。
スイバ スイバ スイバ葉
スイバ葉 スイバ スイバ
2005年4月30日 雄花 八雲雌花幼果
スイバ スイバ スイバ
2004年4月11日 雌花 佐草
スイバ スイバ スイバ
スイバ
2011年5月7日 蕾 東長江
スイバ スイバ スイバ
上部の葉は柄がなく、茎を抱く。下部の葉は、柄がある。
スイバ スイバ スイバ
葉の基部はやじり形。根生葉は長い柄がある。
スイバ スイバ スイバ
スイバ
2005年4月16日 蕾 八雲茎葉は柄がなく茎を抱く。根生葉は長い柄があり、基部は矢じり形。
スイバ スイバ スイバ
スイバ
2010年1月20日 ロゼット葉 乃白葉の基部は矢じり形。
スイバ スイバ
2007年2月4日 ロゼット葉 城山公園葉の基部は矢じり形。
スイバ スイバ スイバ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑