スギ(杉)

常緑高木
本州〜九州の山地の沢沿いに多いが、岩上や湿原などにも生える。ふだん目にするものは人工的に植栽されたもの。大きいものは高さ50m、直径2mに達する。樹幹は円錐形。樹皮は赤褐色で厚く、縦に長く裂けてはがれ落ちる。小枝は無毛。若い枝は上向きにでるが、古くなるとやや垂れる。葉は長さ約1cmの鎌状の針形で、らせん状に配列する。基部はしだいに細くなり、枝に流れる。枯れると枝ごと落ちる。冬には赤褐色になり、春にはまた緑色になる。まれに冬になっても赤くならないものもある。雌雄同株。雄花は淡黄色で長さ5〜8mmの楕円形、枝先に多数つく。花粉は風媒花のなかでも特に小さくて軽く、風に乗って遠くまで運ばれる。雌花は緑色で直径2〜3cmの球形、枝先に1個ずつ下向きにつく。球果は直径2cmほどで、10〜11月に熟す。木質の果鱗が20〜30個あり、各果鱗には種子が2〜5個つく。種子は長さ5〜6mmの長楕円形で、ふちには狭い翼がある。卵状球形。花期は3〜4月。(樹に咲く花)
学名は、Cryptomeria japonica
ヒノキ科スギ属


2011年3月27日 雄花 東忌部
スギ スギ スギ
スギ スギ



2011年3月12日 雌花 東忌部
スギ スギ スギ
2011年2月26日 雌花 玉湯
スギ スギ スギ
雌花は枝先に1個ずつ下向きにつく。雄花
スギ スギ スギ
雄花は枝先に多数つく。前年の果実
スギ スギ スギ
スギ スギ スギ
スギ
2006年1月15日 雄花 東忌部
スギ スギ
2005年6月25日 果実 佐草
スギ スギ スギ
スギ スギ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑