ソクシンラン(束心蘭)

多年草
関東地方南部以西〜沖縄の山の麓や道ばたの日当たりのよい草原に生える。地下茎は短く、多数の根をだす。葉は線形、長さ10〜30cm、鋭尖頭、無毛、3脈がある。古い葉は繊維となって基部に少し残る。花軸は高さ30〜70cm、線形で長さ25〜6mmの苞状葉を散生、ちぢれた毛を密生する。花は斜上し密に穂状につく。苞は線形、長さ3〜10mm。小苞は1、長さ2mm。花は筒状、長さ6mm、上部は白色で淡紅を帯び、下部は淡緑色、外面にちぢれた毛を密布する。花冠は6裂し、裂片は披針形、長さ2〜3mm、鈍頭、直立、下部は子房と合生する。子房は下位、長さ2.5mm、花柱は長さ1mm、先は3裂し、裂片は直立する。雄しべは花被片につき、6、花糸は長さ0.2mm、葯は長さ0.5mm。さく果は長さ4mm、種子は長楕円形、長さ0.4mm。花期は4〜6月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Aletris spicata
キンコウカ科ソクシンラン属


2012年6月18日 東忌部花被や茎に腺毛が密生する。
ソクシンラン ソクシンラン ソクシンラン
ソクシンラン ソクシンラン ソクシンラン
果実 果実の先端に花被が残る。果実(花)の基部に総苞と小苞がある。果実は長さ約5mm。
ソクシンラン ソクシンラン ソクシンラン
果実の縦断面。果実の横断面、3室ある。種子は長さ約0.5mm。
ソクシンラン ソクシンラン ソクシンラン
線形の葉が多数根生する。
ソクシンラン ソクシンラン ソクシンラン



2016年5月28日 宍道花冠は6裂する。
ソクシンラン花 ソクシンラン花 ソクシンラン花
花は長さ約5mm。花冠を一部除いた。
ソクシンラン ソクシンラン花 ソクシンラン花
ソクシンラン ソクシンラン ソクシンラン
線形の葉が多数根生する。
ソクシンラン葉 ソクシンラン
2012年6月23日 果実 東忌部
ソクシンラン ソクシンラン ソクシンラン
ソクシンラン ソクシンラン ソクシンラン
2010年6月6日 玉湯
ソクシンラン ソクシンラン ソクシンラン
幼い株
ソクシンラン ソクシンラン ソクシンラン
2008年5月6日 鹿島花軸には線状披針形の小さい葉がまばらにつく。
ソクシンラン ソクシンラン ソクシンラン
ソクシンラン ソクシンラン
2005年5月21日 宍道上来待花の基部には苞と小苞がある。花軸や花被片に腺毛が密生する。
ソクシンラン ソクシンラン ソクシンラン
ソクシンラン ソクシンラン ソクシンラン
ソクシンラン
2004年6月5日 かんべの里
ソクシンラン ソクシンラン


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑