シロヤブケマン(白藪華鬘)

多年草
ムラサキケマンの品種として分けられる。
北海道〜九州の平地や山麓の日陰の、やや湿ったところに生える。茎は高さ20〜50cm。葉は根元と茎につき、2〜3回羽状に細かく裂け、裂片はさらに深く切れ込む。花は先端に紫色がある白花。長さ1.2〜1.8cmの筒状で先は唇形となり、茎の上部にびっしりと総状につく。さく果は線状長楕円形で吊り下がる。熟すと果皮は勢い良く巻き上がり、種子を弾き飛ばす。種子は黒色平滑で光沢がある。花期は4〜6月
学名は、Corydalis incisa f. pallescens
ケシ科キケマン属
全体が紫色の花をムラサキケマン(Corydalis incisa)といい、完全な白花をユキヤブケマンという。


2010年4月8日 玉湯
シロヤブケマン シロヤブケマン シロヤブケマン
シロヤブケマン シロヤブケマン シロヤブケマン
シロヤブケマン



2007年4月14日 玉湯若い果実
シロヤブケマン シロヤブケマン シロヤブケマン
シロヤブケマン
2006年5月3日 八雲矢谷2005年4月16日 乃白2004年4月11日 城山公園
シロヤブケマン シロヤブケマン シロヤブケマン
2012年5月5日 裂開した果実 玉湯
シロヤブケマン シロヤブケマン シロヤブケマン
2006年4月30日 乃木福富 ムラサキケマン
ムラサキケマン


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑