シロバナヤマハッカ(白花山薄荷)

多年草
ヤマハッカの品種で白花のもの。
学名は、Isodon inflexus f. leucanthus
ヤマハッカ(Isodon inflexus)は青紫色の花をつける。
[ヤマハッカ]
北海道〜九州の山野にごくふつうに見られる。高さは0.4〜1m。茎は木質化した地下茎から直立し、稜に下向きの毛がある。葉は対生し、長さ3〜6cm、幅2〜4cmの広卵形で基部は細くなって柄の翼に続く。ふちには粗い鋸歯がある。葉の裏面の脈上や表面には毛がある。枝先に細長い花穂をだし、青紫色の小さな唇形花をまばらにつける。花冠は長さ7〜9mm。上唇は4裂して立ち上がり、中央部には紫色の斑紋がある。下唇は2裂して前方へつきだし、ふちは内側に巻く。雄しべ4個と雌しべは下唇の中に包まれる。萼はほぼ等しく5裂する。果実は4分果。花期は9〜10月。(野に咲く花)
学名は、Isodon inflexus
シソ科ヤマハッカ属


2016年10月19日 島根上唇に線状の斑点がない。萼は5裂し、果実は4分果になる。
シロバナヤマハッカ花 シロバナヤマハッカ花 シロバナヤマハッカ萼
花冠は長さ約1cm。
シロバナヤマハッカ花 シロバナヤマハッカ花 シロバナヤマハッカ花
葉は長さ約5cm、葉柄に翼がある。葉の裏面、脈上に毛がある。
シロバナヤマハッカ葉 シロバナヤマハッカ葉 シロバナヤマハッカ葉裏面
茎は4稜があり、下向きの縮れた毛がある。
シロバナヤマハッカ葉裏面 シロバナヤマハッカ茎 シロバナヤマハッカ
シロバナヤマハッカ シロバナヤマハッカ


2010年10月23日 枕木山上唇に線状の斑点がない。萼は5裂し、果実は4分果になる。
シロバナヤマハッカ シロバナヤマハッカ シロバナヤマハッカ
シロバナヤマハッカ シロバナヤマハッカ シロバナヤマハッカ
シロバナヤマハッカ シロバナヤマハッカ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑