シロバナサクラタデ(白花桜蓼)

多年草
北海道〜沖縄の水湿地に生え、地下にはう茎がある。雌雄異株。茎は直立し高さ50〜100cmになり、よく分枝し、無毛で乾けば赤褐色になる。葉は披針形、鋭尖頭、基部はくさび形、長さ7〜16cm、質厚く両面に短毛がある。葉柄は短い。葉鞘は筒状で、筒部の長さの1/2ほどの縁毛がある。節はふくれている。花序は穂状で長く、その先は垂れ下がる。花被は白色、腺点があり、5裂して長さ3〜4mm、小花柄は3〜4mm、雌花では花柱が花被より長く、雄花では雄しべが花被より長い。果実は3稜形またはレンズ形、長さ2.5mm。黒く光沢がある。花期は8〜11月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Persicaria japonica
タデ科イヌタデ属
よく似たサクラタデは花被が長さ5〜6mmと大きい。
似た花の仲間


2012年9月27日 長花柱花 大井花柱が花被の外へ出る。雄しべが短い。花は直径4.5mm。
シロバナサクラタデ花 シロバナサクラタデ花 シロバナサクラタデ花
花柱は2岐。花被は長さ約4mm。この茎は托葉鞘の縁に毛が無い。花序枝よく分枝する。
シロバナサクラタデ花 シロバナサクラタデ托葉鞘 シロバナサクラタデ花序
シロバナサクラタデ



2012年9月27日 短花柱花 大井雄しべが長く、花被の外へ出る。
シロバナサクラタデ花 シロバナサクラタデ花 シロバナサクラタデ花
花柱は2岐する。花は直径約4mm。花被は長さ約3.5mm。
シロバナサクラタデ花 シロバナサクラタデ花 シロバナサクラタデ花被
花柱は2岐、短くて花被の外へ出ない。托葉鞘の縁には長毛がある。花序枝はよく分岐する。
シロバナサクラタデ花柱 シロバナサクラタデ托葉鞘 シロバナサクラタデ花序
シロバナサクラタデ
2011年10月1日 短花柱花 鹿島花柱は2岐している。
シロバナサクラタデ花 シロバナサクラタデ花 シロバナサクラタデ花柱
花被に腺点がある。花は直径約5mm。花被は長さ約4mm。
シロバナサクラタデ花被 シロバナサクラタデ花 シロバナサクラタデ花被
シロバナサクラタデ花 シロバナサクラタデ花序 シロバナサクラタデ葉
葉裏に腺点がある。
シロバナサクラタデ葉 シロバナサクラタデ葉 シロバナサクラタデ葉裏面
托葉の縁には長い毛がある。托葉表面に伏毛がある。花序は枝を多く分ける。
シロバナサクラタデ托葉鞘 シロバナサクラタデ托葉鞘 シロバナサクラタデ花序
シロバナサクラタデ シロバナサクラタデ
2009年10月3日 短花柱花 西川津花柱は2岐している。
シロバナサクラタデ花 シロバナサクラタデ花 シロバナサクラタデ花
シロバナサクラタデ花序 シロバナサクラタデ花序 シロバナサクラタデ葉
シロバナサクラタデ葉 シロバナサクラタデ葉裏面 シロバナサクラタデ托葉鞘
托葉鞘の縁には長毛がある。
シロバナサクラタデ托葉鞘 シロバナサクラタデ
2004年9月26日 長花柱花 乃白花柱が2岐する。
シロバナサクラタデ花 シロバナサクラタデ花 シロバナサクラタデ花
シロバナサクラタデ托葉鞘 シロバナサクラタデ托葉鞘 シロバナサクラタデ
2004年8月12日 長花柱花 上東川津
シロバナサクラタデ花 シロバナサクラタデ花 シロバナサクラタデ葉
シロバナサクラタデ
2013年11月16日 果実 西尾果実は花被に包まれている。
シロバナサクラタデ果序 シロバナサクラタデ果実 シロバナサクラタデ果実
花被に包まれた果実は長さ約3.5mm。花被の中に果実がある。果実はレンズ状。
シロバナサクラタデ果実 シロバナサクラタデ果実 シロバナサクラタデ果実
果実は長さ約2.5mm。
シロバナサクラタデ果実 シロバナサクラタデ葉 シロバナサクラタデ
2005年8月20日 佐草
シロバナサクラタデ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑