シロバナガガイモ(白花蘿摩)

つる性多年草
北海道〜九州の野原などに生える。ガガイモの白花品種。花期は8月
学名は、Metaplexis japonica form. albiflora
キョウチクトウ科ガガイモ属


2013年8月21日 竹矢柱頭が長く伸びる。花冠内側には毛が密生し、裂片はそり返る。
シロバナガガイモ花 シロバナガガイモ花 シロバナガガイモ花
蕾。花序。花序は長さ約4cm。
シロバナガガイモ蕾 シロバナガガイモ花 シロバナガガイモ花
花冠は直径約1.2cm。
シロバナガガイモ花 シロバナガガイモ花 シロバナガガイモ花
ずい柱の基部を副花冠が取り巻く。葉は長さ約10cm。
シロバナガガイモ花 シロバナガガイモ葉 シロバナガガイモ葉
シロバナガガイモ葉裏面 シロバナガガイモ葉裏面 シロバナガガイモ葉
茎や葉柄を切ると白い乳液がでる。葉腋から長い花柄を出し花序をつける。
シロバナガガイモ茎 シロバナガガイモ花 シロバナガガイモ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑