シラン(紫蘭)

多年草
本州〜沖縄の日当たりのよい湿性斜面に生える。観賞用として栽培される。偽球茎は扁球形で横に並ぶ。茎は高さ30〜70cm。葉は披針形で長さ20〜30cm。花は数個つき、大型で、紅紫色、ときに白色を帯びる。萼片、側花弁は長さ約3cm、唇弁は卵形で先はひだが多い。花期は4〜5月。(山に咲く花)
学名は、Bietilla striata
ラン科シラン属


2014年5月17日 植栽 玉湯唇弁にはひだが多い。
シラン シラン シラン
花は長さ約3cm。花の幅約4cm。
シラン シラン シラン
シラン シラン シラン



2002年4月28日 植栽 城山公園
シラン シラン シラン


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑