シラコスゲ(白子菅)

多年草
北海道〜九州の平地〜丘陵地の樹林内の水辺や湿地に生える。根茎は短く叢生する。葉は有花茎よりも低く、鮮緑色でやわらかく、幅2〜4mm。有花茎は高さ20〜50cm。小穂は1個を頂生し、長さ1.5〜4cm、先端の雄花部は短い。雌鱗片は淡緑色、鋭頭、果胞と同長か少し短い。果胞は長さ5〜6mm、細脈があり無毛、嘴は長く口部は斜めに切れ、直立し熟しても開出しない。柱頭は3岐。果期は5〜6月。(日本のスゲ)
学名は、Carex rhizopoda
カヤツリグサ科スゲ属シラコスゲ節


2015年6月13日 八雲小穂は1個のみ頂生し、雄雌性。雌性部。
シラコスゲ小穂 シラコスゲ小穂 シラコスゲ小穂
小穂は長さ約3cm、先端に雄性部がつく。先端の雄性部は長さ約1cm。雌鱗片は長さ約3mm。
シラコスゲ小穂 シラコスゲ小穂 シラコスゲ雌鱗片
果胞は長さ5.5〜6mm、脈があり嘴が長い。果胞口部は斜切形。柱頭は3岐する。
シラコスゲ果胞 シラコスゲ シラコスゲ柱頭
果胞に包まれた果実。果実は長さ約2mm。
シラコスゲ果実 シラコスゲ果実 シラコスゲ果実
葉は幅約3mm。
シラコスゲ葉 シラコスゲ葉裏面 シラコスゲ
基部の鞘は赤褐色、上部は淡色。
シラコスゲ シラコスゲ シラコスゲ
茎は長さ約35cm。
シラコスゲ シラコスゲ



2010年5月8日 八雲小穂は1個のみ頂生し、雄雌性。雌性部。
シラコスゲ シラコスゲ シラコスゲ
雌鱗片と未熟な果胞、果胞は長さ約5mm。
シラコスゲ シラコスゲ シラコスゲ
雌鱗片は長さ約3mm、果胞より短い。果胞の嘴は長く、口部は斜切形。未熟な果実。
シラコスゲ シラコスゲ シラコスゲ
柱頭は3岐する。未熟な果実は長さ約2mm。葉の幅は約3mm。
シラコスゲ シラコスゲ シラコスゲ
シラコスゲ シラコスゲ シラコスゲ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑