シラキ(白木)

落葉小高木
本州〜沖縄の山地の広葉樹林内に生える。渓谷沿いに多い。高さ4〜6mになる。樹皮は灰褐色または灰白色でなめらか。縦に浅い裂け目がある。枝は灰白色で無毛。枝や葉を傷つけると白色の乳液がでる。葉は互生。葉身は長さ7〜17cm、幅6〜11cmの卵状楕円形。表面は光沢があり、裏面は緑白色で、両面とも無毛。縁は全縁で、葉身の基部や裏面の側脈の先に腺がある。葉柄は長さ1〜2.5cm。托葉は狭長楕円形で長さ1〜2cm、落ちやすい。枝先に長さ6〜8cmの総状花序を出し、黄色の小さな花をつける。花序の上部に雄花が多数つき、基部に雌花が0〜数個つく。雄花には長さ2〜3mmの柄があり、萼は皿状、雄しべは2〜3個。雌花には長さ7mmほどの柄があり、萼は3裂し、萼片は三角形。子房は卵形で長さ約2mm、花柱は3個。花柄の基部には先が長く尖った狭卵形の苞があり、左右に黄色の腺体がつく。果実はさく果。直径1.8cmほどの三角状扁球形で、花柱が宿存する。10〜11月に黒褐色に熟して3裂する。種子は直径約7mmの球形で、黒い斑紋がある。油分を多く含む。花期は5〜7月。
冬芽は仮頂芽は長さ3〜5mmの長三角形。芽鱗は2個、無毛。葉痕は半円形で大きく、維管束痕は3個。葉痕の角に托葉痕がある。(樹に咲く花)
学名は、Neoshirakia japonica
トウダイグサ科シラキ属


2012年6月23日 雄花序 八雲雄花
シラキ花序 シラキ雄花 シラキ雄花
シラキ雄花 シラキ花序 シラキ
シラキ
雌花。花柄の基部に狭卵形の苞と腺体がつく。
シラキ雌花 シラキ雌花 シラキ雌花
花序の基部に雌花がつく。若い果実。
シラキ花序 シラキ果実 シラキ花序
シラキ花序 シラキ



2012年5月22日 蕾 八雲
シラキ蕾 シラキ
2010年7月7日 八雲花序の基部に雌花がつく。膨らんできた果実。
シラキ花序 シラキ雌花 シラキ雌花
花期は過ぎていた。
シラキ シラキ シラキ
シラキ シラキ シラキ
2015年11月3日 果実 八雲先端に花柱が残る。熟すと3裂して種子が出る。
シラキ果実 シラキ果実 シラキ果実
果実は直径約1.8cm、3室がある。
シラキ果実 シラキ果実 シラキ果実
種子は直径約8mm。種子の表面に黒い斑紋がある。
シラキ果実 シラキ種子 シラキ種子
シラキ シラキ
2008年8月17日 八雲葉身基部に腺らしき膨らみが見える。
シラキ葉 シラキ葉裏面 シラキ腺
シラキ冬芽 シラキ樹皮 シラキ
2007年8月12日 八雲
シラキ葉 シラキ葉裏面 シラキ葉裏面
シラキ シラキ シラキ冬芽
シラキ樹皮 シラキ
2012年4月14日 冬芽 八雲
シラキ冬芽 シラキ冬芽 シラキ冬芽
倒木
シラキ枝 シラキ樹皮 シラキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑