シオン(紫苑)

多年草
本州(中国地方)や九州にまれに野性があるが、庭などに植えられることが多い。中国原産と考えられている。高さ1〜2m。茎にはまばらに剛毛がある。根生葉は花の頃には枯れているが、大型のへら状長楕円形で、大きいものは長さ65cmにもなる。茎葉は長さ20〜35cm、幅6〜10cmの卵形または長楕円形で、先端は短くとがる。上部のものほど小さく、幅も狭い。頭花は直径3〜3.5cm。舌状花は1列で淡青紫色。花柄には短毛が密生する。総苞は長さ約7mmの半球形。総苞片は3列で先はとがり、ふちは乾膜質。外片は少し短い。そう果は長さ約3mmのやや扁平な倒卵状長楕円形で黒紫色を帯び、毛がある。冠毛は汚白色または赤みを帯び、長さ6mmほど。花期は8〜10月。(野に咲く花)
学名は、Aster tataricus
キク科シオン属


2012年10月9日 植栽 八雲
シオン シオン シオン
花は直径約5cm。舌状花と筒状花。
シオン シオン シオン
果実には毛がある。
シオン シオン シオン
中部の葉。下部の葉ほど大きい。中部の葉は長さ約18cm。
シオン シオン シオン
葉の表裏には短い剛毛があり、ざらつく。
シオン シオン シオン
シオン シオン シオン
茎には短毛がある。
シオン シオン



2006年9月23日 植栽 上乃木
シオン シオン シオン
シオン シオン シオン


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑