シナアブラギリ(支那油桐)

落葉高木
中国原産。各地で栽培されるが、アブラギリほど多くはない。野生化している。高さ10〜12mになる。樹皮は灰褐色でなめらか。小さな皮目がある。枝は太くて無毛。はじめ緑色でのちに暗褐色になる。葉は互生。葉身は長さ20cmほどの卵形〜広卵形。先はとがり、基部はハート形。ふちは全縁。上部が浅く3裂するものもある。裏面全体に黄褐色の細毛がある。葉身の基部表側に柄のない腺が2個ある。葉柄は長い。雌雄同株。枝先に円錐花序をだし、白い花をつける。雄花序には雄花が多数つき、まれに雌花が混じることがある。雌花は単生または少数。花弁は5〜10個、基部には褐紫色の筋がある。子房は楕円形。花柱は3〜5個あり、先は2裂する。果実は堅果。直径3〜4.5cmの球形で溝はなく、先端が急にとがる。10〜11月に熟すが、裂開しない。中には種子が4〜5個入っている。種子は長さ約2.5cm。花期は5月。別名 オオアブラギリ
冬芽の頂芽は大きく発達し、側芽は小さい。頂芽は卵形で長さ8〜12mm、4〜6個の芽鱗がある。葉痕は円形で大きく、左右に托葉痕がある。(樹に咲く花)
学名は、Aleurites fordii
トウダイグサ科アブラギリ属
似た花にアブラギリがあり、葉身基部の腺に柄がある。


2010年5月22日 雄花 玉湯雄花の雄しべは長短2段につく。
シナアブラギリ雄花 シナアブラギリ雄花 シナアブラギリ雄花
雌花雌しべの柱頭は3個あり中裂する。
シナアブラギリ雌花 シナアブラギリ雌花 シナアブラギリ雌花
幼果。
シナアブラギリ果実 シナアブラギリ葉 シナアブラギリ
シナアブラギリ



2012年12月14日 果実 玉湯果実は先が尖り、直径約4.2cm。種子は4個あった。
シナアブラギリ果実 シナアブラギリ果実 シナアブラギリ果実
種子は長さ約2.5cm。
シナアブラギリ種子 シナアブラギリ種子 シナアブラギリ
2007年8月26日 若い果実 玉湯
シナアブラギリ果実 シナアブラギリ果実 シナアブラギリ葉
柄のない蜜腺がある。
シナアブラギリ蜜腺 シナアブラギリ蜜腺 シナアブラギリ
2007年7月28日 若い果実 八雲果実の先が尖る。
シナアブラギリ果実 シナアブラギリ果実 シナアブラギリ葉
シナアブラギリ葉 シナアブラギリ
2006年9月2日 葉身基部に一対の蜜腺。 八雲
シナアブラギリ蜜腺
2006年5月21日 八雲
シナアブラギリ葉 シナアブラギリ葉 シナアブラギリ樹皮
シナアブラギリ
2010年11月17日 黄葉 西谷
シナアブラギリ黄葉 シナアブラギリ蜜腺 シナアブラギリ黄葉
シナアブラギリ
2008年3月2日 冬芽 玉湯
シナアブラギリ冬芽 シナアブラギリ冬芽 シナアブラギリ冬芽葉痕
シナアブラギリ葉痕 シナアブラギリ葉痕 シナアブラギリ葉痕


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑