シモツケ(下野)

落葉低木
本州〜九州の岩礫地など日当たりのよいところに生える。高さ1mほど、株立ちになる。樹皮は暗褐色。縦に裂けてはがれる。葉は互生。葉身は長さ3〜8cm、幅2〜4cmの狭卵形〜卵形または広卵形。先端はとがり、基部は円形〜くさび形、ふちには不ぞろいな重鋸歯がある。裏面は淡緑色または粉白色、有毛または無毛と変異が多い。枝先に半球形の複散房花序をだし、直径3〜6mmの小さな花を多数つける。花弁は広卵形〜円形で、濃紅色、紅色、淡紅色、まれに白色と変異が多い。雄しべは25〜30個。花弁より長い。雌しべは5個。萼の内面には縮れた短い軟毛がある。果実は袋果。長さ2〜3mmの卵形で、5個集まってつく。表面は光沢があり、頂部に花柱が残る。9〜10月に熟すと裂開する。花期は5〜8月。
冬芽は長さ1〜2mmの紡錘形または長卵形。芽鱗は紅紫色を帯び、ふちには白色の微毛ある。葉痕は隆起する。(樹に咲く花)
学名は、Spiraea japonica
バラ科シモツケ属


林内に生えているが、自生かどうか不明。
2013年6月23日 宍道
シモツケ花 シモツケ花 シモツケ花
花は直径約5mm。
シモツケ花 シモツケ花 シモツケ花後
若い果実。雌しべが5個ある。
シモツケ花後 シモツケ花後 シモツケ花
葉身は長さ約7cm。表面に毛があり、ふちに重鋸歯がある。
シモツケ葉 シモツケ葉 シモツケ葉
裏面は緑白色。脈上に毛が多い。幹に毛がある。
シモツケ葉裏面 シモツケ葉裏面 シモツケ茎
シモツケ シモツケ



2004年6月27日 植栽 斐川公園
シモツケ花 シモツケ花 シモツケ花
シモツケ シモツケ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑