シマカンギク(島寒菊)

多年草
近畿地方以西〜九州の山麓の日当たりのよいところに生える。茎は叢生し、下部は倒れ、上部は立ち上がって高さ30〜80cmになる。葉は柄があり、長さ3〜5cm、幅2.5〜4cmで5中裂する。裏面には丁字状毛があるが淡緑色。柄の基部に葉状の仮托葉が目立つ。頭花は黄色で直径約2.5cm。総苞片は4列に並び、外片は長楕円形〜卵形。別名アブラギク。花期は10〜12月。(山に咲く花)
学名は、Chrysanthemum indicum
キク科キク属


里山の耕作地に近い道路脇にあるので、以前に植栽されたものかもしれない。
2014年1月7日 東忌部花は直径約2cm。
シマカンギク花 シマカンギク花 シマカンギク花
総苞外片は卵状楕円形。舌状花(左)、筒状花(右)。
シマカンギク総苞片 シマカンギク総苞片 シマカンギク舌状花筒状花
葉は葉柄を含めて長さ約5cm。
シマカンギク葉 シマカンギク葉裏面 シマカンギク



2011年12月7日 東忌部外側の総苞片は楕円形。
シマカンギク花 シマカンギク花 シマカンギク総苞片
頭花は直径約2.5cm。舌状花、筒状花とも冠毛はない。
シマカンギク花 シマカンギク舌状花 シマカンギク舌状花
シマカンギク筒状花
2006年11月25日 東忌部総苞は半球形、外片は卵形。
シマカンギク花 シマカンギク花 シマカンギク花
葉は深裂しない。葉柄基部の仮托葉は小さい。
シマカンギク葉 シマカンギク葉 シマカンギク葉裏面
シマカンギク茎 シマカンギク シマカンギク
2004年12月12日 東忌部
シマカンギク花 シマカンギク葉 シマカンギク
シマカンギク
2011年11月9日 蕾 東忌部
シマカンギク蕾 シマカンギク シマカンギク葉
葉表は無毛。葉裏には毛がある。
シマカンギク葉 シマカンギク葉 シマカンギク葉裏面
シマカンギク茎 シマカンギク


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑