シケチシダ(湿地羊歯)

夏緑性シダ植物
本州〜九州の林下の湿った所に生える。根茎は這う。葉柄はやや紫紅色を帯びて淡褐色の鱗片がまばらにつき、基部鱗片は広披針形、褐色。葉身は1回羽状複葉で、下部の羽片の裂片は上下でほぼ互生、無柄。切れ込みの深い小羽片の基部は羽軸に流れて翼をつくる。中軸と羽片の分岐点には肉刺状の突起がある。羽軸は無毛。羽軸表面に刺状の突起が出る。ソーラスは細楕円形で、中肋と辺縁の中間かやや中肋寄りにつき、包膜はない。
学名は、Cornopteris decurrentialata
イワデンダ科シケチシダ属


2008年8月24日 宍道最下部羽片の裂片は上下で互生となる。羽軸表面に刺がある。
シケチシダ シケチシダ シケチシダ
ソーラスは包膜がない。
シケチシダ シケチシダ シケチシダ
中軸と羽軸の分岐点には突起がある。芽立ち
シケチシダ シケチシダ シケチシダ



2008年6月1日 八雲下部の羽片は上下の小羽片が互生となる。
シケチシダ シケチシダ シケチシダ
中軸と羽片の分岐点に突起がある。羽軸表面に刺状の突起がある。
シケチシダ シケチシダ シケチシダ
ソーラスは細楕円形。葉柄はやや紫紅色を帯びる。
シケチシダ シケチシダ シケチシダ
シケチシダ
2008年6月1日 八雲下部の羽片は上下の小羽片が互生となる。中軸と羽片の分岐点に突起がある。
シケチシダ シケチシダ シケチシダ
ソーラスは細楕円形。ソーラスに包膜はない。
シケチシダ シケチシダ シケチシダ
葉柄はやや紫紅色を帯びる。
シケチシダ シケチシダ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑