シホウチク(四方竹)


中国原産。主に関東地方以西で栽培される。高さ5〜7m、稈の直径3〜4cmになる。断面は角の丸い四角形。稈面に小さな刺が散在し、なでるとざらつく。下部の節から気根をだす。中部以上の節には発達の悪いいぼ状の気根が輪生する。枝は1節から3〜7個でる。葉身は長さ14〜20cm、幅14〜20mm。先端は垂れ下がる。裏面にははじめ毛がある。肩毛はほぼ直立する。葉耳は発達せず、葉舌は低くほとんど見えない。筍は秋にでて美味。(樹に咲く花)
学名は、Chimonobambusa quadrangularis
イネ科カンチク属


2012年11月28日 西長江節に気根が出る。稈面に小さな刺がある。下部では枝が3本出る。
シホウチク気根 シホウチク気根 シホウチク枝
葉の先端は垂れ下がる。葉は長さ約26cm、幅約2cm。肩毛は直立する。
シホウチク葉 シホウチク葉 シホウチク肩毛
今年生えたものは枝を出していない。
シホウチク シホウチク シホウチク



2014年1月23日 西長江節にいぼ状の気根を輪生する。枝を3本出す。稈に4稜がある。
シホウチク葉 シホウチク気根 シホウチク枝
稈面に小さな突起がある。秋に生えたものはまだ枝をださない。
シホウチク稈面 シホウチク稈 シホウチク


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑