シバ(芝)

多年草
北海道〜沖縄の海浜、原野、山地、路傍などの日当たりのよい所に生育し、群生する。越冬芽は匍匐茎の各節に直立してつくき、枯れた葉鞘に包まれる。茎は堅く、匍匐茎は地表を長く横走し、各節から短い直立茎を出して繁殖する。直立茎は高さ10〜20cm。葉は長さ2〜10cm、幅2.5〜4mm。総状花序は長さ2〜5cm、花軸には関節がなく、短い枝の先に小穂をつける。小穂は不整卵形、光沢があり紫色を帯び長さ3mm、幅1.5mm、1花からなり、発達した第2包穎に包まれ、第2包穎は革質・平滑。果実は卵形、茶褐色、無光沢、長さ1.2mm。花期は6〜7月。
学名は、Zoysia japonica
イネ科シバ属


2013年5月16日 雄性期 宍道
シバ花 シバ花 シバ花
花序は長さ約3cm。葯と枯れた柱頭が見える。
シバ シバ花 シバ
小穂は長さ約3mm、柄がある。葉舌は切形、葉の基部に毛がある。
シバ小穂 シバ葉 シバ葉
シバ



2011年5月7日 雌性期 西嫁島
シバ花 シバ花 シバ
シバ シバ シバ
2010年6月12日 雄性期 西川津
シバ花 シバ シバ
シバ シバ シバ
シバ シバ
2005年5月15日 雄性期 城山公園
シバ花 シバ花 シバ花
シバ
2012年7月8日 果実 宍道
シバ果実 シバ果実 シバ果実
シバ シバ シバ
シバ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑